小説 「アレスグート」  第1話

 大学を卒業して、両親がバタバタと亡くなって、いつの間にかオレ一人になってしまった。ややこしい相続手続きを済ませると、相続税もつかない、価値の少ない古い一戸建てと小さな敷地のみが残った。兄弟もいないし、親戚もない。本当に天涯孤独になってしまった。こんなことってあるんだなと人ごとのように思っていた。

 まあ、なんとか生活していけるし、ややこしい親戚の付き合いもないし、親の面倒も見なくていいし、ちょっとの蓄えもあるので、今勤めている小さな工場でぼちぼち働けば、当面問題ない。特に彼女もいないし、会社の先輩たちとたまに飲みにいくだけの毎日だ。オレはそれでよかったのだ。なんとなくだが、すべてうまくいっている気がしてる。オレ、高橋洋。24歳。

 ある日、先輩らとの食事の帰りにふとズボンがきつくなったことに気が付いた。だんだん、太ってきたもんだ。そういや、わき腹にも下腹にも肉がついてきている。まだ、20代前半、これではあかんなと思った。

 家に着くと、シャワーを浴びに風呂に入ると、
「ああやっぱり太ってきてるな」
鏡に映った自分の姿を情けなく思った。ダイエットなんて数か月必死の思いでやっても、飲んで食って、いつのまにか元通りになってしまう。だいたい、ストイックに食事制限したり、運動したりするなんて、性に合わない。だけど、このままじゃ、だんだん太ってきて、みっともない体型になってしまう。
「まいったな」

 そう思いながら、シャワーを浴びてぼーっとした。
「この脂肪ってどんなふうになっているんだろう?」
そんなふうに思っていると、なんとなく黄色く思えてきて、ボコボコしてて、なんか、グロテスクな感じがした。気色悪いので全部取り除き、ふっと息を吐いた瞬間、かがみに映る自分の姿を見て
「うわぁ!」
と声を上げてしまった。

 かがみじゃなくて、自分の体を腹あたりをみるとぽちゃとした腹ではなくなっている。しっかり、腹筋が浮き出ている。足もなんか細くなっているし、腕だってそうだ。も一度、かがみをみると、そこには細マッチョ化した自分のからだが写っていた。

 顔も感じが変わってしまっている。どうアゴを動かしても二重にならない。ほほがこけ、というか多分脂肪が落ちて、こけたんだろう。

で、
「その脂肪はどこに行ったんだ?」
と、思った時、いきなり腹痛がした。

 とにかく、多少だが、からだを拭いて、トイレに駆け込んだ。

こんなに多量に出たのは初めてだった。
「マジ、流れるんか?」
不安になった。こんな黄色いのは初めてだし、どうしたらいいんだろう?

恐る恐る流してみたら、なんとか流れて、ほっとした。しかし、自分のとはいえども、強烈な匂いにまいった。こんなんじゃ、だれも呼べない。消臭剤が必要だ。

 やっと、落ち着いて、マジマジと体をみると、本当に脂肪が流れてしまったみたいだ。体重計の表示は20キロ近くも減っていた。で、体脂肪は1%となっている。

「マジか?!」
皮膚の下はほぼ筋肉ということだ。だけど、1日でこんなに変わってしまったら、みんながびっくりするだろう。どうしようか、いろいろ考えたが、いい案が浮かばないい。幸い、明日は土曜。出社するのは、月曜なので、2日は誰にも会わずに済む。しかしだ。マジ、困った。

「ん~~、待てよ。第一、こんなことってあり得るのか?」
「月曜、病院へ行ってみよう。内科でいいのかわからないので、綜合病院へ行けば、なんとかしてくれるかも?」
「とにかく、月曜に会社に連絡して、病院行って調べてもらおう。」


 病院ではかなり待たされたが、何とか自分の番になった。
「どうしましたか?」
「いきなり、脂肪が全部落ちました。」
「はっ?」
「私にもよくわかりません。」
医者も怪訝な顔をしている。
「とにかく、ぶよぶよだったからだの脂肪が全部、うんこになって出て、こんなからだになってしまったんです。これって異常なのでしょうか?」

かなり、頭をひねってから、
「では、ここに横になって下さい。上向きで。」
私はその指示に従った。
「ちょっと、お腹を出してもらえますか?」
言う通りにした。脂肪がないんだから、ものの見事に筋肉が見れる。

「何かの運動選手ですか?」
「いえいえ、なにもしてませんよ。」
お腹をさわったり、聴診器を当てたりしたが、首をひねるだけだった。それから、体重計に乗せられた。体脂肪は家で計った時と同じで1%になっている。

「ここまで、体脂肪率の低い競技者に出会ったことはないです。ですが、ちょっと少なすぎですね。せめて、7~10%になるようにして下さい。」
ちょ、ちょ、ちょっと、そんなことを聞きにきたんじゃないんですけど?
「いや、25%ほどあった脂肪率が、一瞬でこのパーセントまで減ったのは、なぜかということを聞きたいんです。」
「そんなことは不可能です。ありえません。」
即答だった。


 その後、だいぶ押し問答した覚えがあるが、結局、納得できる答えはもらえなかった。特に、どこも悪いところもないとのことだったので、帰ることになったが、
「会社、どうしよう?困ったな。」

とにかく、体調が悪いということにして、今週は休むことにした。来週、この姿で会社にいけば、みんなよっぽど、心配してくれるだろう。なんて、結構、計算してた。

 でも、なんでこんなことが起こったんだろう。ウェストだってかなり減ったんで、今までのパンツがぶかぶかだ。でも、腹筋はしっかり割れている。これはかっこいいかも?えへへ。

 顔はだいぶ細くなった。ほほがこけているんだから、当たり前よな。小顔になっているんで、それなりにかっこよくなったかもね。もしかしたら、目いっぱい食っても、脂肪を排出できるんだから、絶対太らないってことだよな。なかなかいい能力だ。って、ほんとにそうなのか、実践してみないとわからんじゃないか。今回限りの能力かもしれないし。


 数日後、結局、何回でも脂肪を落とせることがわかった。さて、いよいよ、会社にいくんだけれど、散々、心配してたから、なんて言われるんだろうか?



(つづく)


この記事へのコメント