小説 「よく眠れた朝には」 第1話

 オレは単なるサラリーマン、え~っと、つまり、世間で言うところの普通のサラリーマン。特に賢くもなく、特にすごい企業に勤めている訳でもなく、なんとなく普通の大学に入り、なんとなく普通の企業に就職したごく普通のサラリーマンなんだ。

 なんとなく一人暮らしに憧れて、それなりの賃貸マンションに住んでいる。住んでから後悔しているのだが、何から何まで自分でしなければならないのがめんどくさい。
 ゴミ出しなんか、最近は分別しないと怒られるし、流しのゴミをそのまま流したら詰まってしまって、えらい怒られた。いい加減なことはできないもんだ。

 掃除も掃除機でガンガンやると、階下の人に文句を言われ、両隣からも文句の嵐。静かに掃除しないといけないことも学んだ。

 トイレも掃除しないと、こびりついてなかなか取れない。毎回、しっかりふき取っていれば、後で大変な掃除にならないということも学んだ。

 料理もそれなりにできるようになった。栄養のバランスを考えないと、口内炎になったり、体調が優れないことにもなる。おかげで、栄養士とまではいかないが、それなりにバランスよく食事ができるような知識も、多少だが得ることができた。まあ、テレビでそんな番組が多いせいもある。それ以外はひとりだから、多少ルーズでも、文句言うヤツはいないし、適当に暮らしている。

 だが、ひとり暮らしは何かとお金が掛かる。案外、自分の安月給ではお金は貯まらないもんだ。世間の連中もそんな暮らしをしているんだろう。この世の中、よっぽど、頭の冴えたヤツだけが優雅な暮らしをしてるんだろうな。でも、無茶な使い方をしなければ、ささやかな貯金ができるみたいだし、なんとかなるかな。

 おっと、言い忘れたけど、オレ、山本慎二。今風の男の平均的な身長で、太ってないから中肉ってところかな。髪は気分でちょっと茶系統に染めている。まあ、仕事に差し障りのない程度のオシャレってとこだね。休みは土日と祝日くらい。平日はいつもこき使われている。仕事は先輩と新規顧客回りの営業だ。必ず、2名体制がうちの会社の方針だ。

「山本、アイダ工業の社長にアポ取っておいてくれ!明後日の午後がいい。」
「あっ、はい。了解っす。」
早速、電話。ここの社長はなかなか捕まらない。
「あ、日栄商事の山本と申しますが、竹田社長、いらっしゃいますか?」
「今、現場へ出ており、お昼過ぎに戻る予定になっておりますが」
「では、日栄商事の山本から電話のあったことをお伝えください。また、電話いたします。」

「加藤さん、やっぱ、すぐには無理っすよ。」
「そこをなんとかするのが、山本くんだろ?」
「じゃ、近所なんで、ひとっ走り行ってきます。」
「おう、頼むわ。」

 竹田社長は電話じゃなかなか捕まらないけど、面と向かえば、すぐにスケジュールに入れてくれる。よっしゃ、今日も頑張るか!会社のチャリンコで10分も走れば、アイダ工業に到着する。オレはいつものようにチャリンコにまたがって走り出た。

 脚力だけは自信があるんで、チャリンコはお手の物だ。ギュィ~ンとすっ飛ばして、あと少し。

「・・・待・っ・て・・・」

 オレの頭の中に何か聞こえた。チャリンコを止めて振り返ったけど、誰もいない。そうだよな、今走ってきたばかりだし、誰も追い抜いてなんかない。おかしいなぁ。そう思って前を向いた時だった。

 そこの信号は青だったけど、横からトラックが突っ込んできた。オレと同じ進行方向に走っていたくるまに激突。すっげぇ、事故。えっ、もしかして、オレ、止まらなかったら、お陀仏だったってこと?瞬時に、鳥肌が立った。あぶなかったんだぁ。

 じゃ、さっきの声は何?あれはいったいなんだったんだ?良く分からないけど、助かったということだ。まさに九死に一生ってやつか?

 あの声はそれっきりだった。その日は聞こえてくることはなかった。


 数日が過ぎ、オレは先輩と新たな顧客を発掘しようと、いくつか候補を挙げ、営業に出ていた。道中は先輩とアホな話しで盛り上がっていたが、また、あの声が聞こえた。

「・・・あぶない!・・・」

「えっ?」
「どうした?」
オレらは立ち止まった。その瞬間、目の前に鉢が落ちてきた。
「うわ~!あっぶねぇ~。」
上から、
「すみませ~ん。ごめんなさ~い。お怪我ありませんか~?」
マンションの上層階の、恐らく主婦らしい人が叫んでいた。

「あぶねえなんてもんじゃねぇよなぁ。」
「間一髪でしたね。」
「だけど、どうしてお前、分かったんだ?上なんて向いてなかったのに?」
「だって、あぶない!って声、聞こえませんでした?」
「いや、そんな声、聞こえてこなかったけど。」

 今度は確かに聞こえた。女の人の声で、あぶないと。あのトラックのときと、恐らく同じ声だったような気がする。先輩には聞こえていないようだし、オレだけなのか?

  次に聞こえたのは、数日経ってマンションから駅へ向かう途中だった。

「・・・わき道へ入って・・・」

 なんで?疑問が残ったが、すっとわき道へ入った。とたん、ガッシャーンという音が聞こえた。えっ、なんだ?オレはわき道を引き返した。そこには、くるまが突っ込んで数人が倒れていた。オレがそのまま歩いていたら、間違いなく同じように倒れていただろう。

「君はいったい誰なんだ?」
「・・・私は・・・」
よく考えるといつも頭の中に聞こえてくる。ということは、オレにしか聞こえないのか。
「君は誰?」
「・・・私、わかりません・・・」
「どこにいるんだ?」
「・・・わかりません・・・」
「・・・ここはどこなんでしょうか?・・・」
「はぁっ?じゃ、名前は?」
「・・・わかりません・・・」
いくつか質問したが、そのまま聞こえなくなった。いったい何だっていうんだ?今の声の主は誰なんだろう?名前もわからないとか、ここはどこ?とか、記憶喪失か?ってんだ。
 でも、・・・助けてくれたよな。だけど、頭の中に聞こえてくるなんて、いったいどういうことなんだろう?



(つづく)


この記事へのコメント