フリーライフ 第1話

 私は、もともと会社勤めをしていたけれど、会社に黙って、ネットショップを副業としてはじめたことから、生き方が大きく変わってしまった。


 初めは、本当にお小遣い程度の売上だったけれど、やりはじめて2年を過ぎた頃から、会社員としての給料より多く稼げるようになったので、一大決心で会社を辞めた。もう完全に、収入源はネットショップ一本にすることにしたのだ。


 確かに安定した収入があるわけではないけど、年間で平均すると、私には十分な収益だったのだ。住んでいる家賃もちゃんと払えるし、食費だって問題ない。それに、ちゃんと貯蓄もできるくらいになっていた。一番大きいのは、自由な時間。往復の通勤時間はまったく不要になった。これはとてつもなくすごいことなのだ。だって、1日往復3時間、1週間で15時間、1ヵ月で60時間、1年で720時間の自由時間ができたのだ。つまり、30日間オールフリーなわけなのだ。


 ネットショップの実質労働時間は、1日2時間程度なのだから、時間的自由は会社員時代からするとかなり多くなった。これも計算すると、52日間オールフリーとなるのだ。通勤とあわせて、82日間も自由時間が増えたのだ。


 でも、面倒くさいことも多い。社会保険や税金などの支払いは、全部自分でしないといけないし、必ず、確定申告も必要だ。でも、そういうことの知識は、最初に覚えてしまえば、そんなにたいしたことはない。会計ソフトも最近はかなり便利になったしね。


 私は地方都市の駅近のセキュリティの良いマンションの高層階2LDKに一人住まいをはじめた。ここなら交通の便は非常に良い。生活に必要な場所などは全部徒歩圏内に揃っている。つまり、車なんて所有する必要もないのだ。


 いつもは午前中に仕事を終わらせて、午後は自由にいろいろ活動してる。男の料理はいい加減なものになりがちだ。特に自分は、ということなのだが、ちゃんとバランスの良い料理が作れればいいと思って、ちょっと習ってみたが、どうも自分の性に合わない。そこで、1日2食を配達してもらうことにした。私は届いた料理を温めるだけでいい。きちんとバランスのよい内容になっているので、安心だ。調理の時間的節約にもなる。費用対効果は自分なりに納得している。


 そうなると、しっかり運動もしたくなる。はじめはフィットネスクラブに通っていたが、近くになかったので通うのに時間がかかるので、止めてしまった。で、どうしてるかというと、いくつかの運動器具を購入して、これを利用するようにした。朝起きてすぐに10キロほどのロードワークに行って、シャワーを浴びて朝食。それから、仕事を昼までやって、午後は筋力トレーニングをする。夕方はのんびり読書や趣味の時間に充てる。まあ、そんな感じが私の一日になっている。


 でも、よく考えると、あまり外へ出向くことは少ない。だから、他人とのコミニュケーションは普通の人に比べ、かなり少ない。誰かからの誘いがないと、外食もしない。会社時代との比較では、圧倒的に他人との接点がなくなった。ネットショップをやっているときは、売れたものを送付するために外にでることも多かったが、そのうち投資だけで生活できるようになってきたので、ネットショップも止めてしまったので、外にでるのは朝のロードワークと、必要なものの買い物だけだ。でも、まあそんな生活だけど、特に問題ないだろう。


 最近、自分の不得意をどうにかしたいと思いはじめている。とても掃除が苦手なのだ、自分では、ほとんど掃除をしたくないし、たまにやっても部屋を丸く掃くという感じで、隅に埃が残ってしまう。完璧にはほど遠い。やはりこれは、専門家に頼んだ方がいいだろうと思って、週1回、クリーニングサービスをお願いすることにした。私にとって、毎日が同じなので、どの曜日でも問題はない。とにかく、基本の3時間で、各部屋の掃除と台所、風呂、トイレの掃除をお願いした。曜日はいつでもいいとお願いしたら、担当の方の都合で、金曜の午前中ということだったので、9時から12時までとなった。


 初めての掃除の日、私は年配の女性が来ると思っていたら、やってきたのはまだ若い女性だった。

「初めまして、クリーニングサービスの斎藤里香と言います。よろしくお願いします。」

「高木です、よろしくお願いします。」

申し遅れましたが、私は高木智志(たかぎさとし)と言います。

「今日から毎週金曜、9時から12時まで、各部屋のお掃除と、台所、お風呂、トイレのお掃除と承っていますが、お間違えないでしょうか?」

「はい、その通りです。お願いします。」

「掃除場所の確認をさせて頂きたいのですが、よろしいですか?」

「はい、案内します。」

「お願いします。」


 私は彼女に各部屋と台所、お風呂、トイレを確認してもらった。

「でわ、早速、取り掛からせて頂きます。」

「お願いします。」

ネットショップをやっていた頃は午前中仕事をしていたが、今はそれすらない。週1回ほど、投資に関する仕事を1、2時間する程度なのだ。だから、図書館へ行くことにした。


「あの、ちょっと出かけてきます。12時までには帰ります。」

「承知しました。受取り等、ございましたら、受け取っておいていいですか?」

「多分、ないと思いますが、もし、あればお願いします。」

「承知しました。でわ、いってらっしゃいませ。」

いや~、こういう風に送り出されるというのも、いいもんだ。私は、近くの図書館へ行った。受取り連絡が来てたので、それを受取り、そのまま図書館でその本を読むことにした。そうなると、時間なんかあっという間だ。



(つづく)


この記事へのコメント