2021年11月25日

短編小説 「オッド・アイ」 第10話

 木村の誘いで、久しぶりに大石と3人で、居酒屋へ向かった。

「上条、久振りやん。」

「おお、久振り。」

「最近、バイトばっかりしてるって聞いたけど?」

「そうなんだ、ずっとバイトしてる。」

「そろそろ、就活も考えないとやばいやん。バイトばかりしてていいんか?」

「オレ、あんまり就活考えてないよ。」

「大丈夫なんか。」

「実は卒業したら、スペインへいくんだ。」

「スペイン?まじか?」

「ああ、スペインがオレを呼んでるっちゃぁ、大げさだけど・・・」

「向こうに行ってどうする?」

「まだ、わからない。」

「行き当たりばったりか。」

「ああ、そんな感じだね。」

「オレと大石は、同じところを受けてみようと思ってるんだ。」

「上条もどうかなって・・・」

「いや、いいよ、オレは。」

「本当に就活しないんか。」

「ああ。」

「まあ、これから先はみんなバラバラになってしまうんだろうな。」

いつもバカ騒ぎばっかりしていたオレたちだったが、今日はなんだかしんみりとしてしまった。確かにそうだよな。どんなに学生時代に仲が良くても、みんなそれぞれの道を進むのだ。だから、いつまでも同じようにバカ騒ぎなんかできなくなる。それができるのも、今だけなんだ。


 スペイン語の研究室からも、何度となくお誘いの連絡があったが、バイトが忙しいと断った。彼女たちにはあまり会いたくないのが本音だ。

「ねえ、上条クン、またレッスンお願いできないかしら?」

「今はバイトが忙しいから無理。」

「そんなこと言わないで、研究室きてよ。」

「だから、無理なの。」

「ケチ。」

なんと言われようが、行きたくないから行かないのだ。だが、あの3人がこの店に来たのだ。


「あ、上条クン。」

しまった、見つかった。

「ここで働いてたのね。」

「ご注文、何にします?」

「ねえ、お願い。また、レッスンお願いしてもいい?」

「今は無理って言っただしょ。」

「そんなこと言わないで。」

「で、注文は?」

「・・・」

「何食べる?」

「おすすめは?」

オレはルイーザさんに聞いた。

「彼女たち、ルイーザさんの今日のお勧め聞いてますけど、何がいいですか?」

「そうね、パエリアかな。」

「パエリアだそうです。」

「スペイン語。調理してるのスペイン人?」

「オーナーはスペインの方です。」

「だから、研究室来なくなったのね。」

ばれたか。

「ここで、スペイン語も話せるし、バイトもできるからね。」

こいつらには、バレたくなかったな。まあ、仕方ないや。オレは黙々と仕事をこなした。

「ねえ、私たちもここで働けないかしら。」

「無理。」

「なんで?」

「今は募集してません。」

「じゃ、オーナーに聞いてみる。」

「スペイン語でどうぞ。」

「え、そうなの?」

「できるでしょ。」

「いじわる。」

こいつらには金輪際来てほしくないけど、そういうわけにはいかんだろうな。


「ルイーザさん、もうこれ以上、バイトはいらんでしょ?」

「そうね、間に合ってるわ。レイがいてくれるからね。なんで?」

「この子たち、アルバイトしたいらしいんですけど、断っときますね。」

「ああ、お願いね。」


「今の聞いてた?」

「なんて言ったの?」

ちゃんと、スペイン語勉強してんのかい。

「アルバイトはいらないってさ。間に合ってるって。」

「残念。」

「だから、もう来なくていいよ。」

「お客としてなら問題ないでしょ。」

来るんかい。

「まあ、お客としてならね。」

「ここでレッスンしてくれる?」

「あほか、オレはバイトしてんの。わかってる?」

「やっぱ、だめ?」

「あたりまえでしょ。」


 だけど、彼女たちは性懲りもなく、ほぼ連日食事をしにやってきた。よくお金続くな。あまり、くるんで、ルイーザさんもスペイン語のお相手をし始めた。といっても、一緒に話をするだけなんだけどね。

「そっか、レイが研究室に来なくなったので、ここに押しかけてきてるという訳ね。」

「そうなんです。」

「レイ、モテモテね。」

「そんな訳じゃないと思いますけどね。」

「今まではレイがレッスンしてくれてたけど、それがなくなって困ってたのね。」

「はい。」

「でも、スペイン語の先生もいるんでしょ?」

「先生も忙しくて、いつもというわけではないんです。」

「そうなんだ。」

「じゃ、いつでもこの店で、ワイワイやっていいわよ。ただし、スペイン語オンリーね。」

「ありがとうございます。」

おいおい、本当にいいのかよ。止めてほしかったな。

「じゃ、上条クン、よろしくね。」

「スペイン語でどうぞ。」

「いじわる。」

お前ら、勉強しにきてるんやろ。




(つづく)



posted by たけし at 12:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | オッド・アイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください