2021年12月01日

短編小説 「トラブル・アトラクター」 第1話

 オレは普通の人にできないことができる。なんて、その能力は滅多に使わない。その能力を使うときは、オレ自身の身に危険が迫ったときだし、普通は使わないのだ。オレは小林渉(こばやしわたる)、31歳だ。未だ、独身、特に彼女はいない。なんでかわからないけど、オレはトラブルを引き寄せるみたいで、しょっちゅうイザコザに巻き込まれる。そんな時に、やりたくはないのだが、オレの能力を使ってしまうのだ。


 オレの能力は爆弾だ。骨を爆弾に変えて爆発させることができる。場合によっては、相手が死んでしまうこともある。オレに危害を加えなければ、そんなことはしない。オレは特にやばい組織に属しているわけではない。いつだって、一匹狼だ。


 オレの日常は、個人事業主のプログラマーだ。ネットで注文を受けて、ユーザーの要求にあったプログラムを作成し、納期通りに納品する。まあ、そんな感じだ。なんとか、月に30万円程の収入があるんで、やっていける。だから、たいがい、自分の部屋での作業が多い。でも、たまには環境を変えて、作業したくなるんで、喫茶店へ行ってみたり、ハンバーガー屋さんだったり、図書館だったり、天気がいいときは、公園でも作業することがある。


 今やっている仕事の納期はまあ長いので、のんびりやっている。今日はファミレスで昼食をとり、コーヒーを飲みながら、パソコンを叩いている。システムの設計は頭の中に入っているから、調子がいいと、どんどん手だけが動いてくれる。


 3時頃になると、主婦の連中が多くなってくる。つまり、小さな子供たちも多いってことだ。それに、まだ早いとは思うけど、高校生たちも増えてくる。そろそろ、場所を変えてやらないと落ち着かなくなってきた。


 突然、子供のけたたましい鳴き声がした。見ると、地面に伏せて泣いている。頭を抑えているところを見ると、机の角にでもぶつけたんだろう。その子のお母さんが飛んできた。なんだ?!あんなに遠くに座っていたのか。ちゅうことは、全然、子供を見てなかったんだろうな。その子の傍には、男子高校生の連中が座っていた。


「あんたたち、うちの子に何をしたの?」

「はぁ?」

「警察に突き出してやる。」

「オレら、何もしてないですよ。」

「うそおっしゃい、いい加減なこと言わないで。」

最近の親は井戸端会議に夢中になって、子供をほったらかしにして、子供が泣くと、人のせいにするんだよな。困ったもんだ。

「だから、オレたち何もしてないって。」

「うちの子の頭が腫れてるじゃないの。」

「走ってきて机の角にぶつけたんじゃないですか。」

「いい加減なこと言って。」


 まあ、あんまり真面目そうな高校生じゃないけど、それが正論だろうな。でも、母親は自分が悪いとは絶対言わない。激しくヒステリックになって、どんどん声が大きくなってきた。しゃーないな、オレが第三者として、仲裁してやっかな。


「その子、走ってきて、カーブを曲がるときに机の角に頭ぶつけたんですよ。」

「な、なによ、あんた。」

「あなたが、あまりにいい加減なこと言ってるので、事実関係をお話しとこと思いまして。」

「勝手に割り込まないでよ。」

「だいたい、話に夢中になって、子供をほったらかしにしてたのは、どなたでしょうね?」

「か、関係ないじゃない。」

「グダグダ言ってないで、子供の頭に絆創膏でも貼ったらどうですか。」

「ふん。」

母親は子供を連れて、自分の席に戻っていった。


「ありがとうございました。」

「君たちは悪くないのに、勝手に加害者にされちゃあ、困っちゃうよな。」

「はい。」

見た目より素直な高校生でよかった。


 だけど、その矢先だった。オレはパソコンを閉じて、カバンに入れようとした時、その高校生の1人が、いきなり、オレのパソコンを掴んで走って逃げた。

「えっ?」

まさか、この子たちがそんなことをするなんて思いもよらなかったので、オレは呆然とした。その隙に、残りの高校生も走り出した。


 やられた!オレの仕事が満載のパソコンを盗まれた。オレも追いかけたが、奴らの方が圧倒的に早い。だめだ、絶対に追いつかない。仕方がない。オレは一番遅い高校生の足の指を爆破した。こういう言い方をしたら、片足が吹っ飛んだみたいに聞こえるがそうじゃない。指の骨の一部を爆弾化して、破裂させたのだ。といっても、外見からは血もでていないからわからないけど、皮膚は青くなっている。その程度だ。でも、これで、もう走れやしない。


 オレはそいつを捕まえた。

「運が悪かったな。オレのパソコンを返してもらおうか。」

「いて~!」

「そりゃ痛いだろう。当分、まともに歩けないからな。オレのパソコンを持って行ったやつを呼びだせ。」

だけど、その高校生は激痛で、それどころじゃなかったみたいだ。

「早くしろ。」

そう言っているところに、連中が戻ってきた。




(つづく)


posted by たけし at 12:00| 兵庫 ☔| Comment(0) | トラブル・アトラクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください