2021年12月25日

短編小説 「トラブル・アトラクター」 第25話

 しばらく、ここオレんちにマリアも同居することになった。マリアの国はペルーということだけど、どんだけ遠いんだ。

「テレビ電話あるけど?」

「そっか。」

向こうの時間を考え、電話した。

「マリア、長いこと連絡なかったけど、元気にしてるの?今はどこにいるの?」

マリアのおかあさんだ。

「今は日本にいるの。」

「日本?あんた、ヨーロッパじゃなかったの?」

「でね、結婚するのよ。」

「結婚?」

「そう、彼がワタル。」

オレを映した。

「ワタルね、いい男じゃない。」

「結婚式はこっちに帰ってくるのよね。」

「ちゃんと帰るわよ。」

「仕事はどうするの?」

「こっちで探すわ。」

「まあ、マリアが幸せならそれでいいわ。」

「ありがとう。」

まあ、オレはさっぱりわからなかったけどな。あとで聞いたが、そんなことを話していたらしい。


 オレは例の居酒屋をマリアを連れていった。

「おっ、久しぶり。」

「大将、こんばんわ。」

「そちらさんは?」

「彼女さんです。」

「どこの人?」

「ペルーです。」

「マリアって言います。よろしくです。」

「お、日本語いけるの?」

「大丈夫です。」

「じゃ、いつもの3人前で。」

「えっ?」

「3人前でお願いします。」

「わかりました。」

まあ、マリアに日本の味を堪能してもらわないとな。それも2人前ほど。いい感じに食し、日本酒も味わって、ほろ酔いのオレのところに、知っている人物がやってきた。


「久しぶり、小林クン。」

「前田さん。」

「どうしてたんだ、全然姿見えなったな。」

「海外旅行してたんで。」

「だよな、あんだけ、派手にインタビュー受けてたんだかからな。」

やっぱり、ばれてた。

「ワタル、この人は?」

「警察の前田さんだ。」

「こちらは、これから私の奥さんになるマリアです。」

その言葉にマリアが反応した。めっちゃうれしそう。

「マリアです。よろしく。・・・えっ、警察?」

「結婚すんの?」

「はい。」

「ワタル、警察の人と知り合いなの?」

「ああ。」

「前田さん、私、ペルーの警察官です。」

「そうなんだ。強そうだもんね。」

「毎日、トレーニングしてるもんな。」

「日本の警察、入りたいです。」

おいおい、そうだったのか。

「確かに募集してるけど、オレにはわからないから、一度、おいでよ。」

「はい。」

マリア、警察するんか。オレと長野か北海道へ移住する話はどうする?一度、話したことをオレはそのつもりになったいた。


 家に帰ってから、オレはマリアに聞いた。

「日本の警察に入りたいん?」

「ぜひ。」

「そっか、オレはスイスで見た光景を、日本でマリアと楽しみたかったんだけどな。」

「行くわよ。」

「だけど、警察は?」

「どこだって、あるでしょう?」

「確かに。」

その通りだ。

「じゃ、長野、行ってみようか。」

「賛成。」

マリアはにっこりした。長野といっても、どこら辺がスイスに近いのかな。オレはいろいろ調べて、K市にいくことにした。そこから、レンタカーで山の方に登っていくと、スイスに似た光景を目の当たりにすることができるらしい。




(つづく)



posted by たけし at 12:00| 兵庫 ☔| Comment(0) | トラブル・アトラクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください