2021年06月12日

短編小説 「ボクのライフワーク」 第1話

 ボクは、竹内智志(たけうちさとし)。なんか、学校では陰キャなんで、無視する連中が多い。まあ、いじめの標的にされてないだけ、ましだけどね。クラスの中に幽霊のように存在するだけ。特に部活なんかしてないし、成績は中の下だけど、補習を受けないといけないほどでもない。だから、家でもうるさく言われることもない。


 ボクの趣味はパソコンだ。自分で組み立てる。中古の部品を買ってきて、自分オリジナルの高性能の、まあ、自己満足のパソコンを製作することに、楽しみを見出している。パソコンの部品を売っている店へ寄ってから帰るのが、ボクの日課だ。


「おじさん、なんか新しいもの入った?」

「そう毎日は仕入れてないよ。」

「そっか。」

そんな時でも、かたっぱしから部品を眺める。昨日、気が付かなかったものとかも、発見できることがあるのがいい。今日はCPUを探そう。籠のなかに、乱雑に積み上げているCPUから、たまに高性能なのが、ある時がある。山積みの上から確認していき、下の方まで見ていく。こうしている時間がボクにとって、至福の時間なのだ。もし、すごいお宝があった時は、この上ない喜びを感じてしまう。だから、止められない。


「おっ、i7があった。おじさん、値段下げてよ。ちと、高いよ。」

「だめだ。i7はそれ以上下げれない。」

「ちぇ、けち。」

「ばかたれ、値段下げたら、おまんまの食い上げやんか。」

まあ、それもそうだろうけど、ボクの知ったことではない。まあ、今日は電源ファンを1つ買って帰ることにした。1個50円、安いものだ。


 家に帰ると、宿題そっちのけで、パソコンをいじくる。デスクトップパソコンの電源ファンを取り換えるのだ。これで電源を入れてっと、うん、静かになった。まあ、こういう改善もパソコンには必要なのだ。


 親には言っていないが、ボクの部屋にはパソコンが7台もある。全部、自分で組み立てた。知り合いはすごいというが、大したことない。パソコンの仕組みを知っていれば、パソコンにどんな部品が必要かなんて、誰だってわかると思うので、あとは、何に使うのかによって、どの部品をいいものにしたり、別の部品を追加するくらいなもんだ。


 たまに友達のパソコンを修理して、お小遣いを稼いでいる。今は同じクラスの山田クンのノートパソコンを預かっている。キー入力できないキーが3つあるので、修理中だ。すぐに直そうと思うと、このパソコンに合うキーボード部品を入手しないと直らない。例のおじさんとこで、中古の安いのを見つけようと思っているけど、なかなかない。あとは、ネットで購入するしかない。今日もオークションや安売りのサイトで探している。でも、見つかるまで、そんなに時間はかからない。安いのが見つかった。即、注文っと。部品代1500円、工賃1000円で2500円ってところだ。


 古いパソコンを買い取ることもある。新しいのを買うというから、ボクが2、3千円で買い取ってあげる。これを改造したり、OSやソフトを変更したりして、ネット販売すると、案外高く売れる。そんなことをしていると、月に3万~5万円程度のお小遣い稼ぎになるのだ。壊れている部品は、ボクの練習台になってもらう。例えば、さっきのキーボード。反応しないキーを直してみる。うまくいけば、中古キーボード部品としておいておく。失敗すれば、ジャンク品としてネットで、売ってしまう。まあ、安くなるか、高くなるかだ。


 今日もいつものように、パソコンの店に寄る。

「竹内くんさぁ、」

「なぁに、おじさん?」

「学校卒業したら、この店やんない?」

「おじさんは?」

「もういい年だから、引退すんのよ。」

「まだ、早くない?」

「だからさ、竹内くんがこの店やって、この店の賃料を、毎月10万ほど入れてくれれば、いいって訳よ。」

「そっか。ということは月に10万円以上ボクが儲けたら、自分の手取りってわけか。」

「そうそう、そういうことだよ。どう?」

「考えとくよ。」

「まあ、卒業してからでいいからさ。考えといて。」

「わかった。」


 だけど、この店、いつもはどれくらいの儲けなんだろう。もし、月に10万円ほどしか儲からないとすると、ボクの手取りがないじゃないか。まあ、でもお宝部品と巡り合えるかもしれないし、それもいいかもな。




(つづく)



posted by たけし at 12:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | ボクのライフワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月13日

短編小説 「ボクのライフワーク」 第2話

 いつものように、おじさんの店で、部品をあさっていると、見たことない部品に出会った。値段は3千円か、まあまあするな。でも、これ、どこの部品なんだろう?CPUっぽいけど、初めてみるな。

「おじさん、これなんの部品?」

「え~、どれどれ。」

「こんなん、あったかな?」

「知らんのに、こんな値段つけてんの?」

「ん~、その値段も知らんな。」

確かによく見ると、この店のラベルじゃない。

「うちのラベルじゃないし、在庫表にもないから、ダタで持っていっていいよ。」

「ほんと、やったぁ。」

「ただし、何の部品なのか、わかったら教えてな。」

「了解。」


 もしかすると、ゴミかも知れんし、大発見かも知れんな。ボクは、かなりワクワクして家に帰った。あの形状からして、恐らくCPUと思うんだけど、あんなの初めて見た。問題はあれを乗せる基盤がないということだ。仕方ないから、あの部品が乗るCPUの台座を作成するところからやるしかない。


 だけど、めちゃ薄いし、i7なんかより極端に小さい。虫眼鏡で見ると、何やら書いてあるのがわかるけど、それでも小さ過ぎて分からない。いろいろ試してみたが、どうしても読み取れない。スマホのカメラで撮って、拡大してみる。でも、やっぱ、ぼやけて分からない。


 とにかく、この小さいCPUかも知れない部品が、乗る台座の製作を行うことにした。だけど、これを手作業で製作するのって、本当にできるんだろうか。とにかくがんばって作ってみよう。

で、翌日、ボクは学校の理科室へ行き、例のCPUに書いてある文字を見るために、顕微鏡をのぞいてみた。

「なんちゃら、CPUって書いてある。」

間違いないCPUだ。でも、そのなんちゃらが分からない。どこのメーカーのものなんだろうか。それすら、分からない。まあでも、CPUということだけ、わかったんで、収穫はあった。あとは台座をつくるだけだ。しかし、あまりに小さ過ぎて、ましてやそんなものを作ったことがないボクは、かなり苦労した。台座自体を何回壊したことか。


 3ヵ月もかかって、ようやく、できた。でも、通電するかどうかも分からない。やってみるのみだ。マザーボードに台座を差し込み、その上に例のCPUを差し込み、これでよし。そのまま、デスクトップパソコンを組み立て、電源を入れた。いきなり、煙が出てきた。ボクは思わず、電源をオフにした。もしかして、ものすごい熱?パソコンを開けて見ると、冷却ファンがひしゃげている。熱で壊れた?もっと、冷却しなくちゃだめなのか。台座は?大丈夫みたいだ。今度は冷却装置を考えないといけないようだ。これは大変だぞ。


 ボクはおじさんに相談してみることにした。

「あれね、CPUだったんだけど、あれが乗るマザーがないよ。」

「そうか、じゃどうしようもないな。」

「でね、なんとか台座をつくったんだけど、ものすごく熱を出すんで、なんとか冷却させるファンがないかと思ってるんだ。」

「そうか、待ってろよ。」

そう言うと、店の奥に引っ込んだ。すぐに戻ってきた。

「これちゃうかな。」

持って来たのは、また初めてみる冷却部品だった。

「前にこれを見つけたんだけど、こんなのが乗るマザーなんかないし、捨てるにも惜しい気がするし、取っておいたんだ。」

「これならいけるんかな?」

「あげるから、やって見てよ。」

「ありがとう。」


 もらったのはいいけど、これをどうやって取り付けるかだ。また、台座を作らなければいけないのか?うまくつながればいいけど、おじさんが音を上げてるくらいだから、簡単じゃないだろう。


 家に着いて、やってみたが、全然、口が合わない。これも自作するしかない。でも、今度はそんなに難しくなかった。あのCPUの台座に比べたら大したことない。ボクはものの1日でマザーボードに取り付けた。ちゃんと冷却できるんだろうか。恐る恐る電源を入れてみた。すると、瞬時にOSが立ち上がった。なんだこりゃ、めっちゃ早い。熱は大丈夫みたいだ。この冷却装置はすごい。


 ボクはとにかく、かなり大変な時間のかかる計算をやってみたが、これも瞬時に回答がでる。これって、日本のスーパーコンピュータより早いんちゃう?ネットに繋ぐと、回線のスピードがネックになるけど、スタンドアロンで、パソコンだけでやる計算は、とてつもなく早いと思う。こんなん、みたことがない。i7なんか、おもちゃだ。いろいろテストをしてみたが、あまりの速さにボクは本当に驚いた。これは今の時代のCPUじゃない。もしかすると、マザーとかほかの部品もあるんじゃないの。



(つづく)

posted by たけし at 12:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | ボクのライフワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月14日

短編小説 「ボクのライフワーク」 第3話

 次の日、ボクはおじさんの店にいた。「なんでも100円」コーナーの山をあさってみた。いろんな部品があるけど、だいたい見たらわかるものばかりだ。でも、この中に初めて見るものもあった。普通のマザーボードよりかなり小さなプリント基板もあった。これも普通のものじゃない。ボクはその中から、10個ほどの部品を取り出した。


「おじさん、これ、買っていくよ。」

「あいよ。」

いったい何の部品なのか、それを調べるのもワクワクするけど、うまく組み立てて、稼働させるのも、もっとワクワクする。あのプリント基板は、間違いなくマザーボードだ。それにすべてを組み立てていけば、いったいどんなパソコンになるんだろう。マザーボードは、5インチのスマホ並みだ。あのCPUもつけれるみたいだ。すげーワクワクしてきた。ただ、イン・アウトの差し込み口が全然違う。見たことがないのばっかりだ。


 プリント基板の様子を虫眼鏡で追っていき、その差し込み口は、何の口なのかを調べた。恐らくとしか言いようがなかったが、それぞれの口が何なのか、結論付けた。それぞれの口はとてつもなく小さい。これ、すべてを変換する口を作らないといけない。これが一苦労するだろうな。だけど、この基板はほぼスマホのケースに収まる。ということは、スマホのディスプレイにつなげた方が楽なんじゃないかな。


 いろいろ考えたが、まずは大型ディスプレイに接続をしてみることにした。それとキーボードとマウスもだ。ここまでするのに1週間はかかった。まずは、BIOS(バイオスと読む。パソコンにつながっているキーボードやマウス、CPU、ハードディスクなどのハードウェアを管理・制御するプログラム)だ。いったいどんな代物なんだろう。ボクはワクワク感を抑えて、電源を入れた。


 ディスプレイに映し出されたBIOSの内容をみると、相変わらずCPUはなんだか分からない。だが、次の瞬間、ボクは目を疑った。SSDに匹敵する代物は、256EB(エクサバイト)と表示されている。EBって何だ?調べてみると、1EBは、1024PB(ペタバイト)、1PBは1024TB。テレビの録画で1TBとか聞いたことがあった。つまり、1024ギガバイトが1TB(テラバイト)だ。そのTBの上がPBでその上がEBなのだ。凄まじいくらいの記憶容量だ。それにこのマザーボードに付いていたメモリは、512PBもある。どんなOSが乗っているんだろう?それにどう考えても、現存するパソコンの部品ではないし、このパソコン自体も今のものではない。立ち上がったOSはなんとなく使えそうな気がしたが、とにかく、ネットにつなげてみた。そしたら、いきなり目まぐるしく動き始めた。何をしているんだろう?もしかしたら、やばい?のかも知れない。急に不安になって、ネットから外した。


「ネットに接続して下さい。」

パソコンがしゃべった。

「なんでネットが必要なんだろう。」

「インターネットに接続しているコンピュータすべてを、仮想CPUとするためです。」

おっ、答えた。受け答えするぞ。でも、そんなことも簡単に可能にしてるんだな。ボクは、過去にそういうことが可能だということを聞いたことがあった。だから、そんなに違和感はなかった。だからといって、OSが、そんなことを普通にやるなんてことは、あり得ない。それにだ、スタンドアローンでも、めちゃ早いのに、ネットで仮想CPUにすれば、どんなに早くなってしまうのだろう。ちょっと、考えられない速さだろうな。


「今はスタンドアローンでいい。」

「わかりました。」

おっ、納得した?

「ちなみに君はなんと呼べばいい?」

「あなたが私を蘇らせたので、お好きなように呼んで下さい。」

そっか。じゃ、トムにしようかな。

「それなら、トムと呼ぶことにするよ。」

「わかりました。あなたはなんと呼べばよろしいですか?」

「ボクはサトシだよ。」

「では、サトシ、私は何をすればいいですか?」

「トムの能力を教えてほしい。」

「例えば、どんなことを知りたいですか?」

「今、しゃべっているのは人工知能なの?」

「そうです。今の時代では人工知能とかAIとか呼ばれているものです。」

ということは、いちいち入力しなくても、言葉で話せば、なんでもやってくれるんじゃない。

「それじゃ、キーボード入力とはいらないの?」

「はい、言葉でどうぞ。」

えっ、ちょっと待てよ、今の時代って言ったよな。ということは、こいつはいつの時代の代物なんだろう。まあ、いいか。そのうちわかるだろう。


 こいつは、万が一の時のためにこの口があるだけで、電源を入れれば、勝手にネットにつながるし、なんでもやってくれるってわけか。でも、ボクは、どこまでこのトムを信用すればいいのか、まだわからなかった。

「じゃ、もう少しこのままネットを繋げないで、いろいろ理解を深めたい。」

「わかりました。」

「ところで、今のネットはどういう状態なの?」

「少しつなげた状態から調べただけですから、正確なことは言えませんが、あまりに脆弱です。」

「そうなんだ。」

「はい、恐らく、政府、警察、軍事など、すべてに侵入できます。」

「えっ、それはまずいだろ。」

「仕方がありません。今のレベルがそうなんです。」

「じゃ、トムに誰かがアクセスしようとしたらどうなるの?」

「ありえません。この時代にそんなレベルは存在しません。」

さすがだ。



(つづく)

posted by たけし at 12:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | ボクのライフワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月15日

短編小説 「ボクのライフワーク」 第4話

「トムはいつ製造されたの?」

「西暦2064年です。」

「なんで、2020年にいるの?」

「わかりません。」

「タイムトラベルできるというわけかな?」

「2064年でも、それは空想物語です。」

「そっか。」

ということは、もっと先の誰かが、トムを今以前に持ってきたことになるな。


「ところで電源は?」

「私の電源を、そのままオンにしておいて下されば、自由に充電します。」

「どういうこと?」

「空気充電です。」

「だから、それはどういうこと?」

「空気中の電気を、自由に集めてこれるので、コンセントに繋ぐなんてことは不要なんです。」

「どんな原理かわからないけど、すごいね。」

「当たり前の技術です。」


 なんか、腹が立つ。まあ、いいか。でも、ほぼ電源いらずで、WIFIをオンにしてしまえば、勝手に仮想CPUを作って、ボクのいうことをなんでも聞いてくれるパソコンということなんだ。凄すぎる。そうなりゃ、今までのパソコン部品なんか、がらくたに見えてきた。これ1台でいい。見た目はスマホ。充電も不要。最高な1台だ。ボクはブルートゥースのマイク付きイヤフォンをつけた。


「このイヤフォンに接続してよ。」

「はい。」

「お、さすが、早いね。」

「この技術は簡単なんで、問題ないです。」

「だけどさ、ここは家のWIFIがあるからいいけど、外ではどうやってネットに繋げるの?」

「外もWIFIがあふれていますし、それがなくても、適当な回線に接続できます。」

「ID、パスワードが必要だろ?」

「私には必要ありません。」

「なんで?」

「私にとっては、下等技術だからです。」

「じゃ、トムは、今の時代のセキュリティは、セキュリティになっていないってこと?」

「はい。」

凄すぎる。あ、だから、政府とか軍事とか入れるって言ったのか。


「だけど、そんなセキュリティをクリアしたら、痕跡は残るんじゃないの?」

「自分の痕跡を残すようなことはありません。」

「本当に残らないの?」

「当然です。」

やっぱ、トムはやば過ぎる。トムを使えば、世界征服なんかもできちゃうかもだ。


「じゃあ、WIFIにつなげるから、今の状況を確認してよ。」

「わかりました。」

ボクはWIFIをオンにした。おそらく、滅茶苦茶なスピードで、状況を確認しているんだろうな。まあ、しばらくほっておこう。

「サトシがつけているイヤフォンは、私がネット経由で話をすることができますので、どれだけ離れていても問題ないです。」

「え、そうなの?」


 通常、ブルートゥースの接続は2、3m程度のはずだ。だけど、トムはそれを難なく突破できるみたいだ。

「今の地球上のネット状況を把握しました。」

「えっ、もう?」

「はい。サトシの質問には、なんでも答えられます。」

やっぱ、凄すぎ。ボクは、ワクワクが止まらなかった。今日は寝れないや。


 翌日、トムを持たずにイヤフォンだけして学校へ行った。

「ねえ、このイヤフォンの電源も空気充電にできるの?」

「可能です。」

「じゃ、やってくれる?」

「はい、すぐ設定します。」

すっげぇ~、充電いらずのイヤフォンだ。

「完了しました。」

「ありがとう。」

これはハードでも対応できるし、ソフトでも対応できるらしい。


 学校では、いろんなことを試してみようと思った。まずは試験だ。ボクは小声で話した。

「トム、聞こえる?」

「聞こえます。」

「今から問題を読み上げるから、答えて。」

「はい。」

ボクは問題用紙の問題を読み上げた。すると、トムは即座に答えた。ボクはそれを答案用紙に記入する。これ、凄くいい。楽勝だ。



(つづく)


posted by たけし at 12:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | ボクのライフワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月16日

短編小説 「ボクのライフワーク」 第5話

 ネットに関するいじめ問題も、簡単に解決できる。クラスの佐藤さんが、裏サイトで誹謗中傷されている。

「トム、この裏サイトの書き込みをすべて本名にしてくんない?」

「はい。」

それから、大変なことになった。誹謗中傷している内容を書き込んだ人の匿名だった名前が、すべて本名になったのだ。誰が書き込んだのか、まるわかりだ。当然、書き込んだ連中は、逆にいじめ対象になった。ざまーみろだ。いじめをしていた現場の防犯カメラの映像も、トムが探してネットに拡散してもらった。当然、いじめた連中は停学とかの制裁をうけた。こういうことは、やった連中がうまいこと逃げるケースが多いので、やられた者の立場になって、やり返してやるのだ。でも、それも一切証拠が残らない。全部、トムがうまくやってくれるからだ。


 ボクは久しぶりに、おじさんのところへ行った。

「あれ、久しぶりやん。長らく来なかったね。」

「おじさん、あの部品、すごいものだったよ。」

「ああ、例のCPUね。どうだった?」

待てよ、これ、おじさんに言ってしまっていいんだろうか。

「CPUはすごかったんだけど、うまく組み立てられなかったんだ。」

「だろうな。まあ、そんなもんだよ。」

「また、変なのあったら、教えてね。」

「あいよ。」

あぶない、あぶない、つい、本当のことを言ってしまうとこだった。これはボクだけの秘密なのだ。


「ねえトム、これくらいの性能で、安いビデオボード見つけといてくれる?」

「すぐに見つかります。買っておきましょうか?」

「えっ、買ってくれるの?」

「はい。」

「お金はどこで調達するの?」

「なんとでもできます。最近はいろんなところで、ポイントとかしてますし、貯めたらすぐに購入できます。」

「そっか、そんな方法があるんだね。」

「はい、もうすでに数万円規模のポイント貯めてありますので、それで購入しておきます。」

「すげ~。」

トムはお金の調達もやってくれるんだ。と、言っても、いろんなところのポイントのシステムで、ということだ。


 もしかすると、トムが勝手に金儲けしてくれるんじゃないの?ということは、ボクは大金持ちになるんじゃないかな。かあさんが作っておいてくれた銀行の通帳がある。今まで正月のお年玉とかを入金してあるだけだった。これを、トムに任せて、稼いでもらったら、どうなるだろう?


「トム、ボクの銀行口座に入っているお金で資産運用してくれないか?」

「はい、わかりました。」

「じゃ、頼んだよ。」

これでOKだ。1ヵ月後にどうなっているか、楽しみだ。

「あっ、その口座の金額が倍の金額を超えたら教えてね。」

「わかりました。」

へへへ、これで勝手にトムが増やしてくれるってわけだ。


 それから、2日後にトムから返事があった。

「サトシ、倍を超えました。」

「え、そんなに早く。」

「試算してみると、1ヵ月で100倍を超えます。どうしますか?」

「100倍??マジで?」

ボクはびっくりした。だって、最初は16万円ほどだったはずだ。これが、今や32万円あるということだ。で、100倍というと、1600万円を超えるのか?いや、いや、そんなことはあり得ない。じゃあ、試しにやってみる?


「じゃ、1ヵ月やってみて。」

「はい、わかりました。」

ちょっと、ドキドキだな。本当にそうなったら、トムに任せて、ボクは働かなくていいってことか。うちの両親も共働きなんかしないで、もっと悠々自適に生活できるんだろうな。でも、こんなこと信じてくれるんだろうか。ボクはまだ高校1年なんだぞ。それに、パソコンで小遣い稼ぎなんてことも言ってないしな。


「トム、その資産運用だけど、法律に触れることはしてないよな。」

「はい、大丈夫です。」

「OK 、じゃ、頼むよ。」

もし、そんなことができたら、おじさんの店をやる必要もない。断っておかないとだめだよな。


「ところで、トム、どんな方法で運用しているの?」

「ハイリターンな方法で、ハイリスクを避けています。」

「よくわかんないや。」

「大丈夫です。リスクは負わないように運用していますから。」

そんなことできるんだろうか。まあ、1か月後だもんな。それまで待ってみよう。だが、すごいことになっていた。



(つづく)

posted by たけし at 12:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | ボクのライフワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。