2021年07月01日

短編小説 「占い師ケン」 第1話

 オレは占い師。いろんな占いがあるけれど、それはまあ、たいていは統計学上の占いが多いと思う。遠い昔から占いはされてきたんで、それなりにかなり研究されて、当たる確率が高いものが多いと思う。でも、オレのは違う。多分そのどれにも当てはまらない。


 オレはいつものように、夜7時くらいに占いを始める。店は繁華街の路地に構えている。だけど、ものの2~3時間ほどで、店仕舞いだ。それでも、一応、毎日やることにしている。まともにサラリーマンをやってもよかったんだが、自由気ままにやれるこの仕事の方が、オレに向いていると思ったから、今日も路地の店で占う。


「ねえねえ、ケンちゃん、占ってよ。」

そうそうオレは、高山健(たかやまけん)という。ここの界隈では、スナックのママさんが多く、オレを頼ってくる。

「今日は1時までに帰ることだな。それ以上遅くなると、やっかい事に巻き込まれるぞ。」

「ほんと?わかった、ありがとう。助かるわ。」

そんだけだけど、1万円置いていってくれる。ありがてぇもんだ。たまに、オレの噂を聞いて、スナックのママさんたち以外の人も訪れる。


「あの、ケンさんですか?」

「そうですよ。」

「よかったぁ。やっと見つけた。」

オレは何も言われなくても、聞きたいことがわかる。

「じゃ、早速だけど、その男とは早く別れることだね。」

「やっぱり、そうですか?」

「あなたには合わないね。あまり長く付き合っていると、ロクなことないから、今日、明日にでも別れたほうがいい。」

「わかりました。」

「で、半年先に初めて出会う人は、あなたより2つ上で、ちゃんと守ってくれる人だから、大切にしたほうがいい。」

「半年先、2歳上、わかりました。」

まあ、オレの占いはよく当たると有名になってきている。


 だいたい、一晩で5~6件から、多いときで10件ほど占ってから、居酒屋で晩飯食って帰るのが日課だ。一晩の稼ぎは平均10万円くらい。やめれんなぁ。こんな楽な稼業は、オレにとっては最高だ。


 占いをやっているときは、素顔を見せていない。だって、まだ24歳だし、あまり若く見られると支障があると思うのだ。多分だが、誰も占い師のオレの正体を知らないと思うのだ。オレの城は2LDKのマンションで、当然、独り身だし、女はいない。どういうわけだか、自分のことは占えない。自分の将来はわからないのだ。まあ、まだ女なんかいなくていい。自分ひとりで、贅沢な暮らしを満喫するのだ。とは言うものの、ちゃんと、個人事業主として納税もしている。決して、やばいヤツじゃないことを付け加えておこう。


 オレは高校の時から、占いの能力があることに気が付いた。初めは誰も信じてはなかったが、そのうち、クラスの女の子が騒ぎ出した。オレの占いが当たるってね。オレも調子に乗って占ったけど、これは商売にしたらいいかもしれないと思い立ったのが、高校を卒業してからだ。はじめはおっかなびっくりで路地に座った。初めての客はスナックのママさんだったのだ。


「そんなとこで、何してんの?」

「あの、占いを・・・」

「ふ~ん、占い師ってわけ?」

「そうです。」

「どうみても、そうは見えないよ。」

「はぁ。」

「それらしい格好をしないとだめよ。」

「はぁ。」

「なんか、覇気もないわね。それじゃ、誰もこないわよ。」

「そんなもんですか?」

「そうそう、じゃ、私を占ってよ。いろいろ、どうしたらお客がくるかを指導してあげるから、ただでいいわよね。」

「わかりました。」

ということで、スナックのママ、ゆうこさんが、オレに初めて声をかけてきたお客さんだ。本当にいろいろ教えてもらった。繁華街のママさんたちは占いが大好きだし、割と簡単な内容がほとんどだったし、お金持ちだから結構弾んでくれた。オレは、恩人のゆうこママさんだけは、ずっとただで見てあげている。


「ほんと、ケンちゃんの占いって当たるよね。どういう流派なの?」

「自己流さ。」

「そんなわけないじゃん。教えてよ。」

「だから自己流だってば。」

まあ、恩人のゆうこママは、いつだって占いは無料にしているから、ゆうこママのスナックでは無料で飲ませてくれる。初めは未成年って知らなかったから、かなりびっくりしてた。

「えっ、こんなとこで占いしてるのに、未成年なの?」

「はい。」

「信じらんない。まあ、いいわ。20歳になったら、ただで飲ませてあげるから。」

「ありがとうございます。」

てなわけで、オレは20歳を過ぎてから、お酒の方のお世話になっている。多少、フライングしているけどね。



(つづく)



posted by たけし at 12:00| 兵庫 ☔| Comment(0) | 占い師ケン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月02日

短編小説 「占い師ケン」 第2話

 とにかく、オレは夢中で占いをしまくった。なじみのお客さんも増えた。こういう商売は信用が大事で、当たらないとなったら、とたんに客はいなくなる。だけど、当たらないことは絶対にない。だから、口コミでどんどん広がっていく。毎日やっても、絶対に客は来る。コストパフォーマンスは最高だ。


 実家の両親に占い師をやっているというと、そんなヤクザな商売はやめて、まっとうに就職しろってうるさい。ちゃんと個人事業主だし、確定申告もしてる。何も問題ない。だが、両親は全然わかってくれない。まあ、別にそれでもいいけどね。妹の恵子は、オレを支持してくれている。

「だって、兄ちゃんの占い、本当に当たるのよ。すごいんだから。」

まあ、妹の頼みなら、夜の繁華街じゃないところでも、ちゃんとやってあげている。


 ある日、仕事を終えて居酒屋でひとり飲んでいると、満席でもないのに、なぜかオレのテーブルにひとりの女が座った。

「ここ、いいですか?」

なんだ、こいつ。

「別にいいですよ。」

「ご一緒ついでに、一緒に飲みませんか?」

「だいぶ前から飲んでいるから、そんなにご一緒できませんよ。」

「それでもいいです。」

突然、何なんだこの人は?オレはその女をみた。ふ~ん、遺産について悩んでいるのか。

「占いをなされていますよね。」

オレを知ってる?

「私をみてほしいんです。」

「遺産の件ですよね。」

「わかるんですか?」

そりゃわかるよ。

「でも、ここではやめておきましょう。ゆっくり飲ませて下さい。」

「わかりました。」

彼女も飲み物を注文し、食べ物も数品注文した。

「よければ、食べて下さいね。」

「自分の分で、十分ですよ。」


 オレは彼女の状況をいろいろとみていた。結構な遺産が転がり込んでくるみたいだ。

「お名前を聞いてなかったですね。」

「あ、すみません、中川孝子と言います。」

「私のことは・・・」

「占い師のケンさんですよね。」

知ってるんだ。

「じゃ、ここではその話はなしでお願いしますね。」

「わかりました。」


 この人はつい最近まで、遺産のことは知らなかったんだな。シングルだった母親はずっと黙っていたけど、有名資産家との間に、この子は生まれたということか。で、もって、その資産家には子供がいないし、配偶者もいない。お金の亡者の親族だけがいるってことか。この子の母親は亡くなっているから、相続はこの子だけってことだ。オレが占って、数百万ほどもらってもばちは当たらんだろうな。そんなことを考え、のんびり食事をしながら、飲んでいた。彼女もオレのペースに合わせて、食事をしていた。食事が終わって、オレたちは一緒に店をでた。


 さて、どこで話をしようか。

「誰かに聞かれたら嫌なんで、ケンさんのお家でお願いします。」

オレんちか、絶対いやだね。オレはいままで誰も入れたことがない。オレだけの城だからな。仕方ないから、別途借りている部屋へ、いくことにした。普通のワンルームだ。こういうときもあるので、借りっぱなしにしている。月に1回ほど掃除しにいくだけだ。


「どうぞ。」

「お邪魔します。」

ワンルームには、テーブルと椅子があるだけだ。小さな台所があるから、お茶くらいは飲める。

「コーヒーでも飲みますか?インスタントですが。」

「あ、はい、お願いします。」

コーヒーを入れて、テーブルについた。

「さてと、突然、降って沸いた遺産の話をどうしたらいいのか、悩んでいるというわけか。」

「はい。」

「資産家のあなたのお父様は、相続させる子供を探していて、あなたを見つけた。あなたは、まさか自分のお父様が、そんな資産家なんて思いもしなかった。」

「はい。」

「お母さまもそんな話をしてこなかったから、あなたは全然知らなかった。お母さまは亡くなってしまっているから、確認しようがない。」

「よくわかりますね。」

「占い師ですから。」

「あなたは、DNA検査待ちですね。でも、間違いなく、その資産家のお父様のお子様です。」

「そんなことまでわかるんですか?」

「ここから先は、あなたが悩まれていることについてです。」

「はい。」

「お父様は、もうじき亡くなります。」

「えっ、そうなんですか。」

「だから、あなたは、早めに会いにいった方がいいです。」

「わかりました。」

「で、遺産の相続はおやめになった方がいいです。」

「それはなぜですか?」

「必要以上のお金は人を狂わせます。もし、受け取るなら、全額、恵まれない人達とか新型ウィルスで、生活が困窮している人へ寄付してしまいなさい。」

「はい。」

「受け取らないなら、お父様の亡くなったあと、その家にはかかわらないほうがいいです。」

「そうなんですね。」

「必要以上のお金は、ろくなことになりませんよ。」

「わかりました。」


 でも、この人は、オレの忠告を無視した。まあ、仕方がない。それが人生なんだから。彼女の選択は、最悪な事態を迎えた。欲に目がくらんだ親族に殺されたのだ。これ以上、オレは何もしようがない。彼女の選択なんだから。



(つづく)

posted by たけし at 12:00| 兵庫 ☔| Comment(0) | 占い師ケン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月03日

短編小説 「占い師ケン」 第3話

 繁華街の路地の店でやっている占いは、特に金額を決めていない。その人の払えるだけでいいと思っているのだが、ママさんたちは結構奮発してくれる。だから、1日に10万円ほども稼げてしまうんだろうな。有難く、頂きます。たまにやってくる一般の方々は、人によって金額は違う。このくらい払ってくれるとか、わかるので問題ない。


 面は割れていないはずだが、たまに、前の客のようにしっかり知っている人もいる。ゆうこママは初めてからの馴染みなので、オレの正体を知っている。まあ、あとはそんなに素のオレを知っている人は少ないと思うのだ。


「お兄ちゃん、お願い。」

「いいよ。」

妹の恵子の場合は、いかなる時も言うことを聞いてやろうと思っている。妹一人なら、オレの部屋に招くのだが、誰かを連れてくるときは、例のワンルームへお招きする。今回もそんなパターンだ。


「お兄ちゃん、ごめんね。いつも無理言って。」

「全然大丈夫だよ。」

「さ、入って。」

「今日は友だちの冴子をお願いね。」

「わかった。」

「あの・・・」


 オレは人差し指を唇に当て、シッていうポーズをとった。彼氏の浮気か。こいつは3股だ。本命は別にいる。どうしようか。

「彼氏の浮気の話だね。」

「えっ、まだ、何も言ってないのに。」

「ね、すごいでしょ。」

「あなたは疑惑を抱いている。今の彼氏が、浮気をしてるんじゃないかと思ってるよね。でも、それはその通りで、彼氏は浮気をしてる。」

「はっきり言っていい?」

「はい、お願いします。」

「彼氏は3股してるよ。」

「えっ・・・」

絶句している。そうだろうな。


「で、本命はあなたじゃない。だから、あなたは、さっさと、そんなヤツに見切りをつけて、別れてしまったらいい。しばらくは恵子と女子会などで気分転換してね。」

「わかりました。」

「で、1年後の秋に、180センチ以上の背の高い、あなたより1つ上の男性に出会うことになる。彼はサッカーをしているスポーツマンで、あなたと必ず気が合いますよ。」

「ほらほら、冴子、よかったね。」

「スポーツマン・・・」

「心配しなくても大丈夫だよ。彼からあなたへアプローチしてくるからね。待っていて、大丈夫。だから、今の彼から離れて下さい。」

「わかりました。」

「冴子、しばらくは女子会、やろう。」

「だよね。」

「気に病むことはないよ。彼は3股がばれて、地獄へ落ちていきますから、ほっておいて大丈夫だよ。」

「ありがとうございました。だいぶ、気が楽になりました。」

「仲のいい友達、4人いるでしょ?その4人でこの1年間、楽しんでね。」

「すごっ、そこまでわかるの?」

「占い師ですから。」

オレはあとで、恵子にこの1ヵ月だけ、彼女のサポートをお願いした。この1ヵ月を乗り切れれば、問題なくなるんでね。


 オレは久しぶりにゆうこママのお店に行ったときのことだ。

「ケンちゃん、また頼まれてくれる?」

「いいですよ。」

実は占い以外の仕事もたまにする。田舎からでてきたホステスのお世話だ。オレは例のワンルームへ彼女を案内した。しばらく、ここでかくまう。詳しい事情は知らないけれど、ものの1、2週間ほどでワンルームから出ていく。それまで、かくまってあげるだけだ。一応、食事の世話と必要なものの調達はオレがする。このワンルームはそんなことにも利用するのだ。今回の彼女は、日本海側の出身で、20歳になったばかり。あまり詳しいことは見ないようにしている。世話をするだけにしている。


「当面、ここで暮らしてもらいます。外へは絶対に出ないで下さい。責任もてませんから。オレは1日に1、2回ここにきます。鍵は絶対かけたままにしておいて下さい。オレなら勝手に鍵で開けますが、扉を叩いたり、呼び鈴を押したりされても、反応しないで下さい。」

「わかりました。」

「しばらくの我慢です。」

「はい。」

こういうふうに言っておいても、勝手に外にでたりすることもあって、気が気じゃない。まあ、そうなりゃ自己責任なので、オレは対応しようがない。誰かにつかまって、もとのところに連れていかれたこともあった。だけど、オレのいうことを聞いて、守っていた子は、無事に予定通りになったと聞いている。そんなことも、ゆうこママのお願いなんで、対応しているのだ。今まで、危険な目に合ったことはない。



(つづく)

posted by たけし at 12:00| 兵庫 ☔| Comment(0) | 占い師ケン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月04日

短編小説 「占い師ケン」 第4話

 繁華街の路地で商売していると、たまに暴力団関係の方から、声を掛けられることがある。まあ、そういうときは格安で占ってあげると、問題ないことが多い。多いということは、ちょっとは何かあるのか?と思われるだろう。たまにはそのちょっとがある。親分さんを占うことになって、事務所までいくこともあった。さすがにビビったが、優しく対応してもらえたので、ほっとした。


 ある時、どうしてもオレの弟子になりたいという女の子が来た。それは無理だと言ったが、聞かない。オレの占いは統計学じゃないし、いくら勉強しても無理なんだ。絶対に弟子は取らないと言っても、執拗にオレの後を付け回すので、困ってしまった。


「本当にいい加減にしてくれ。」

「お願いします、なんでもしますから、弟子にして下さい。」

「だから、何回もいってるけど、オレの占いは絶対に誰にもできないんだ。勉強しても無理だから、あきらめてくれ。」

「いえ、絶対にあきらめられません。毎日来ます。」

これじゃ、商売あがったりだ。オレはゆうこママに相談した。

「そうね、じゃ私んとこで雇ってあげちゃおうかしら。」

「いいの?」

「この前までいたバイトの子が辞めたから、ひとりほしいところなのよ。」

「じゃ、お願いしますね。」

「わかったわ。」

ということで、オレはゆうこママのところに連れて行った。


「じゃ、ここでゆうこママのいうことを聞いてくれ。」

「えっ、私はけん先生の弟子になりたいんです。スナックで働きたいなんて言ってません。」

「あら、なかなか可愛い子じゃない。でも、ここで働けないなら、弟子にしないって。どうする?」

「そうなんですか?」

「ゆうこママのいうことを聞くか、諦めて帰るかだね。」

「じゃ、お願いします。」

オレはゆうこママに目配せした。とりあえずは、助かった。でも、その後はどうする?まあ、いいか。そのうちあきらめるやろ。


 弟子になりたい彼女、井上凛さんはOLをしていたが、オレに占ってもらって人生が変わったらしい。だから、オレの弟子になりたいんだと。まあ、ゆうこママのところで、働かせてもらえば、一応食っていけるし、問題ないだろう。


 たまにゆうこママのところへいくと、井上さんがうるさい。

「いつになったら、弟子にしてもらえるんですか?」

「さあな。」

「いいじゃないの。リンちゃん、がんばってくれているし、このままここにいてくれてもいいのよ。」

「ゆうこママには感謝していますが、私はケン先生の弟子になりたいんです。」

「それは難しいね。」

「また、そう言ってはぐらかすぅ。私は本気なんですからね。」

オレはなんどもだめって言ったはずだ。これから先は、井上さんの口撃をかわすだけにしておこう。


 しばらくは、相変わらずの日常が続いた。まあ、この方がオレは楽でいい。たまぁ~に、恵子も遊びに来てくれるし、ちょっとした事件も起こるので、それなりに楽しく過ごしていた。


 しばらくして、本屋で気になる女性に出会った。悩みを抱えている人はゴマンといるんだが、オレはその人が気になった。見てみると大した悩みじゃない。職場の悩みだ。上司の軽いパワハラと女同士の嫌がらせだ。まあ、こういうことはどこにでも転がっていることだ。でも、オレはその女性のことがなんかとっても気になった。この気持ちは何なんだろう。なんとしても、きっかけが欲しいと思った。でも、あまりにワザとらしいことになりそうで、踏み切れない。そうこうしているうちに、彼女は本屋を出て行ってしまった。オレは、なんか自分の不甲斐なさに嫌気がさした。話掛けることもできないなんて。普段は、占いで知らない人でも、普通に話をしてるじゃないか。オレはそんなことに囚われて、自分の部屋に帰った、その後、いつも占いに出掛ける時間になっても、部屋でそのことばかりを考えていた。


 突然の電話に、オレは飛び上がった。こんな時に鳴ると本当にびっくりする。

「どうしたの?今日は。」

「え、何が?」

ゆうこママだ。

「今日はお休みなの?」

「えっ、そんな時間だっけ?」

しまった、時間を忘れてた。

「病気じゃないのね?」

「うん、大丈夫。」

「じゃ、たまには休んだら?」

「わかった、そうする。あ、あとでそっちに行ってもいい?」

「いいわよ、いらっしゃい。」

まあ、占いの仕事にいくか、いかないなんて、オレ次第だから、本当はたまに休んでもいいっちゃ、いいんだけどね。



(つづく)

posted by たけし at 12:00| 兵庫 ☔| Comment(0) | 占い師ケン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月05日

短編小説 「占い師ケン」 第5話

 オレは未だに本屋で出会った女性が、気になって仕方がない。なんでこんなに気になるんだろう。気が付いたら、遅い時間になってしまった。オレはゆうこママの店へ行った。

「あら、いらっしゃい。」

「こんばんわ。」

「師匠、遅いですね。」

「いつものでいい?」

「お願いします。」

「めずらしいわね。ケンちゃんがお休みしたなんて。」

「だよね、365日休まなかったもんな。」

「どうしたの?」

「日中に見かけた女性が気になってね。」

「大変な運命を持ってる人?」

「いや、そんなことはないんだ。ごく普通の悩みだよ。」

「じゃ、アレしかないわね。」

「ゆうこママ、絶対そうですよね。」

「アレって?」

「こういうことは本人がわからないのよね。」

「えっ、教えてよ。」

「一目ぼれですよ、師匠。」

えっ、そうなのか。そういえば、なんか胸がキュンとする。


「そうかな。」

「そりゃ、そうでしょ。間違いないわよ。」

「キュンキュンしてるんじゃないですか?」

「確かに。」

「やっぱり。」

「で、で、どんな人?」

「うまく言えないですよ。」

「じゃ、一度連れて来なさいよ。」

「そんな、簡単に声を掛けれたら、こんなに思い悩んでないですよ。」

「思い悩んでるんですって。」

「ケンちゃんにも、やっと春が来たわね。」

なんかいいように遊ばれている気がする。その夜は、オレの話で盛り上がった。


 次の日も本屋に出掛けた。昨日会った時間にだ。でも、普通はそう毎日、本屋に来ないだろう。当然、出会えることはなかった。ここから、オレの本屋通いは始まった。まあ、出会えること皆無だった。でも、なんかまた会いたかった。見ているだけでもよかった。それから2、3ヵ月が経って、占い師のオレのところに、彼女が来たのだ。彼女は、職場の同僚の女性と、二人でオレのところにきた。


 待ちに待った彼女に会えたオレは、胸の高鳴りを押させることができなかった。こういう時、この占い師の衣装はありがたい。ドキドキしていても、わからない。

「あの、お願いできますか?」

「いいですよ。」

今回はこの同僚の女性の方だ。

「あなたの方ですね。」

ビクっとしてた。このまま、今の職場で働くのがいいのか、転職した方がいいのかだ。

「あの私・・・」

「何も言わなくて大丈夫です。」

「えっ、そうなんですか?」

「転職すべきかどうか、悩んでいるんですね。」

「すっごい。」

「はっきり言っていいですか?」

オレのこの同僚の女性への言動が、こちらの女性にどのように映るのか、気になった。


「はい、お願いします。」

「あなたをお誘いしてくれている人は、とってもいい人なんですが、その会社は3年後倒産します。」

「えっ?本当ですか?」

「今の会社は倒産しません。」

「じゃ、転職しない方がいいと?」

「いえ、転職しないと、未来の旦那様に会えないです。」

「あなたは転職して、すぐに未来の旦那様と恋人同士になります。彼は、自らの手で会社を興していこうとします。あなたはそれをサポートして下さい。2年も経たないうちに、二人とも会社を辞めて、新しい会社を立ち上げます。その会社は3年我慢すれば、しっかり成長していきます。」

「なんで、そんなことがわかるんですか?」

「信じるか信じないかは、あなた次第です。私はあなたの未来を予言しただけですから。」

横で聞いていた彼女は、どうみても疑心暗鬼の表情を浮かべていた。


「じゃ、もし、転職しなかったら?」

「あなたは8年間、現状維持です。」

「彼氏は?」

「できません。」

「ずっとですか?」

「いえ、その8年間は、ということです。」

「いつ彼氏ができるんですか?」

「8年後、ようやく付き合える彼氏ができますが、その彼氏は働きません。だから、あなたはその彼氏を食わせるために、また懸命に働かないといけなくなります。」

「じゃ、結婚は?」

「その彼氏とは結婚しません。」

ねえ、この占い師、眉唾よ。オレが気になっている彼女が、占っている彼女に小声で言った。聞こえてるって。


「わかりました。ありがとうございました。おいくらですか?」

「あなたが出せるだけでいいです。」

「じゃ、これで。」

オレは五千円を頂いた。オレが気になっている彼女には、印象が悪かったみたいだ。かなり凹んだ。でも、今回は名前をゲットした。彼女は室田未希(むろたみき)さんといった。だが、オレは印象が悪いことを嘆いた。



(つづく)

posted by たけし at 12:00| 兵庫 ☔| Comment(0) | 占い師ケン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。