2021年08月22日

短編小説 「聞こえるじゃん!」 第1話

 ボクの周りは、なんか、おかしい気がする。もしかしたら、みんな特殊能力の持ち主なんじゃないかと思うこともある。だって、みんな、「言わなくてもわかる」って言うんだ。

「そんなことは、言わなくてもわかるだろ?」


 ボクは、この言葉をよく言われる。みんな、言わなくてもわかるんだろうか?ボクにはわからない。ちゃんと、言ってもらわないと分かりっこない。どうして、人の考えていることがわかるというのだ。そんなの、特殊能力の持ち主じゃないと、分かりっこない。大人も子供も同じことを言う。ボクと同じように、ちゃんと言われないとわからない人はいるんだろうか。とっても不思議なのだ。


「言われんでも、わかるようになれよ。」

そんなん、無理だ。

「なんで、お前はこんなことできないかな?」

そう思うなら、最初からちゃんと言っておいてくれよ。


 同級生も先生も、自分の親までも、同じことを言う。いい加減、こんな連中と付き合いたくなくなるよ、まったく。会社勤めをするようになってからも、同じだった。

「なんで、こうしないんだ。言われなくても分からんかな?」

分かるわけないやろ。

「このお得意先には、先にこうすべきだろ。なんで、わからんかな?」

そうなら、先に言っておいてくれよ。


 あ、ボクは青木健太郎。ボクは、毎度、この不毛なやり取りにゲンナリしながらも、仕方なしに社会生活を営んでいる。本当に言わないでもできる人っているんだろうか?って、こういうことを言う人は、それができるんだろうか?でも、その人も上司に同じことを言われてたりする。結局、自分もできないじゃん。じゃ、なんで、そんなこと言うんだろう。


 「言われなくてもできる」ということは、言っていないことに気が付くってことか?ボクは言われていないことに耳を澄ました。でも、そんな声なんか聞こえてくるわけなんかない。でも、ボクに、それが聞こえてくることになったのだ。


「おい、この資料、明日の15時までに作っておいてくれ。」

「はい。」

(本当は明日の10時までなんだ。)

えっ、なんで嘘をつく必要があるんだ。これで、ボクが10時の段階でできていなかったら、なんて言われるんだろう。

「明日って言ったら、午前中、それも10時くらいまでに終わらせておくべきだろう。なんで、分からんかな?」

それじゃ、単なるいじめじゃないか。ボクは今日中にその資料の作成を終わらせた。明日、なんて言われるんだろう?


「おい、資料できてるか?」

「はい、これです。どうぞ。」

「おっ?そうか。ありがとう。」

(なんでやってあるんだ?いびれないじゃんか。)

いびる??てめ~、そういうことか。

「じゃ、明日、訪問する〇〇商事の資料も作っておいてくれ。」

(本当は××商事だけどな。)

「はい、わかりました。」

今度はわざと言い間違えて、ボクに責任を押し付けようとしている。でも、まる聞こえだから、ちゃんと、××商事の資料を作っておこうっと。


 翌日、やっぱり、ボクを陥れようとして、こう言ったのだ。

「ちゃんと、××商事の資料できてるか?」

「はい、どうぞ。」

「えっ、なんで・・・」

なんでもくそもないよ。おまえの嘘には、もうだまされないぞ。


 なんで、わかんないかな?っていうことは、ボクのような存在を陥れて、いたぶる言葉だったのだ。でも、なんで心の声が聞こえるようになったんだろう?そんなことはどうでもいいや。とにかく、今までのボクへのいじめは、これですべてなくなるのだ。


「おい、青木。今週の金曜、うちの部門の懇親会あるから、空けとけよ。時間と場所はあとで、連絡すっからな。」

(こいつには、違う場所を伝えておこうっと。)

またかよ。よっぽど、ボクに恨みでもあるのか?それもと、単にいじめたい対象だと思っているんだろうか。でも、正しい場所はすぐにわかったから別にいいけどね。




続きはこちらから↓↓↓


つづく



posted by たけし at 12:00| 兵庫 ☔| Comment(0) | 聞こえるじゃん! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする