2021年09月16日

短編小説 「一仁の場合」 第1話

 オレは、いつの間にか、貧乏生活が染みついていた。今更ながら、だいたいこんな安アパートなんかあるんか、というくらいのアパートに住んでいる。いくらかって?4帖半一間で、6千円だ。風呂はない。トイレは共同だ。生活に必要なものは、最小限にとどめでいるから、この広さの部屋でも、十分な広さだ。テレビはない。でも友人から譲ってもらったパッドがある。だけどWIFIはない。当然、回線契約なんかしていないので、接続できないのだが、隣の建物のWIFIがフリーなもんで、使えてしまう。ありがたいが、いつ何時使えなくなる分からない。


 この部屋には、冷蔵庫はない。だから、冷やさないといけないものは、その日のうちに消費する。あと、この部屋には、小さな流しが付いているだけだ。ガスなんか使っていないから、この部屋で料理はできない。ただ、電気は引かれている。オレの前に住んでいた人が、電子レンジを置いて行ってくれたので、それは使える。百均で、1合炊きのポットを買ってきたので、レンジでごはんは炊ける。後は、常温で保存できるものを買ってきて、それを食べる。


 着るものは、流しで手洗いする。からだは、濡れたタオルで拭くし、頭は流しで洗える。お湯はコップに水を入れ、レンジでチンだ。そこにインスタントコーヒーを入れたら、ホットコーヒーも飲める。仕事は出荷作業をしている。伝票に書いてある品物を取りそろえ、箱詰めして、出荷棚へ置く。時給千円で1日7時間、週4日働いているから、1ヵ月で11万2千円。でも、税金やら取られるから、手取りは9万円ほどだ。家賃と電気代、水道代でほぼ1万円。残り8万円で暮らす。食費は5万円以内、日用品は3万円以内が目標だ。余れば、貯金となる。まあ、なんとか暮らしていけるから、オレは不自由はしてない。聞くところによると、生活補助を受けている人は、もっと優雅な生活をしているらしい。そうだとすると、オレの生活はどの程度のレベルのもんなんだろうか。


 言い忘れたけど、オレは一仁、簡単な漢字だけど、読める人はほとんどいない。一仁と書いて、「にのまえ まこと」という。オレは高校中退だ。両親はいっぺんに亡くなってしまったので、どうしようもない。中退してからは、ずっと働いている。高校時代の友人が一人だけ、こんなオレと、たまに会おうと言ってくれる。パッドはそいつからもらったんだ。彼は木村雄太(きむらゆうた)。いいヤツだ。オレは今、20歳。オレと同級生だった連中は、みんな大学へ進学していた。まあ、そんなことはどうでもいい。オレには関係のない話だ。だけど、木村だけはオレとつるみたがる。


「なんで、大学の学食で飯なんて食うんだよ。」

「いいだろ、たまには。今日はオレのおごりだしさ。」

「毎回、そんなわけにいくかよ。」

「まあ、そんなに気にすんなってば。」

「気にするわ。」


 なんで、大学の学生でもないオレが、大学の学食で飯なんか食っているんだ。なんとなく、よそ者っぽくて、他の学生の目が気になるやん。そしたら、案の定だ。

「おう、木村、こいつ誰?」

「オレの古くからの友人だ。」

「なんか、臭わんか?こいつ、臭せえぞ。」

オレ、臭うか?

「オレの友達にそんなこと言うなんて、許さないぞ。」

「そんな乞食みたいなやつ、ほっといて、こっち来いよ。」

「今日はだめだ。」

「木村、行ってきていいぞ。オレ、帰るわ。」

「何言ってるんだ、気にするな。」


 木村は木村なりに、オレに大学の雰囲気を味わってもらおうと思ったらしい。でも、そんなん、オレにはどうでもいい。一人だって、何不自由なく暮らしていけるんだから。まあ、誘ってくれる木村の気持ちは、うれしいけどな。


 木村は、オレが女の子と付き合ったことがないので、2×2の食事会をセッティングしてくれた。だけど、うまくいくはずもなかった。

「木村くん、ひどいんじゃない、この人。」

「オレの大切な友人だぞ。」

「だけど、あの恰好はないわ。」

「変に着飾るよりいいだろ。」

「それになんか臭いし。」

そんなやり取りなんか、みんな聞こえてるし。

「木村、オレ帰るわ。」

「ジン、待てよ。」

「ほっときなさいよ、あんな人。」

「なんてこと言うんだ。」


 まあ、オレには女性なんて、これから先も縁がない。木村には悪いが、無理ってもんだ。

「なあ、木村、もう無理にオレを誘わなくてもいいよ。」

「ジン、ごめんな。いつもうまくいかなくて。」

「お前のその気持ちだけでいいよ。それに、オレ、ジンじゃなくて、まことだけどな。」

「まあ、それは、いいやん。」

木村はいいやつだけど、いつも空回りだ。



(つづく)


posted by たけし at 12:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | 一仁の場合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月17日

短編小説 「一仁の場合」 第2話

 ある日、残業が入って遅くなった時のことだ。オレはもうスーパーが閉まっていたので、仕方なしにコンビニで買い物を済ませ、帰途についた。ほんとだったら、スーパーの安売りシールが貼られる時間に会社を出て、格安に買い物できたのにな。とっても残念だ。


 ほどなく、道端にうずくまっている人を見つけた。行き交う人は、誰も知らん顔だ。相変わらず、人はみんな冷たいな。でも、この人大丈夫かな?なんとなく心配になったオレは、声をかけた。

「大丈夫ですか?」

「・・・」

返事がない。オレはその人の前にまわって、かがんだ。女性だ。顔が真っ青だ。うっ、酒臭せっ。


「顔、真っ青ですよ、救急車呼びますね。」

「いえ、いいです。大丈夫です。」

とても弱弱しい声だった。これは、呼ばん訳にはいかんだろ。オレは自分の判断で、救急車を呼んだ。彼女は立つことすらできずに、かがみこんだままだ。


 ほどなく、救急車がきた。

「こちらです。」

「この方ですか?」

「はい、よろしくお願いします。」

「状況は?」

そんなこと言われても、酒臭くて、顔が真っ青なくらいで、それ以上のことはわからない。

「見ての通りです。まともに立てないし、酒臭いし、顔が真っ青なんで、呼びました。」

「わかりました。」

その程度しか、答えられないんだから、聞くなよな。オレはその場を去ろうとしたが、なんでか知らんけど、その女の人がオレをつかんで離さない。えっ、なんで?


「知り合いなら、乗って下さい。」

オレは無理やり、救急車に乗せられて、そのまま病院へ。なんでなん?


 オレは彼女の荷物を持たされ、仕方ないので、廊下の椅子に座って待っていると、看護師さんが来て、こう言った。

「彼女は急性アルコール中毒で、今、胃を洗浄したんで、間もなく意識をもどすと思います。お名前わかりますか?」

「えっ?えっと・・・」

オレは彼女の荷物を開けてみると、サイフがあった。そこからいろんなカードにまじって免許証があったので、それを看護師さんに渡した。


「高村恵子さんですね。この免許証、ちょっとお借りしていいですか?」

「はい。」

って、勝手に言ってよかったのかな。オレは、サイフのカードをしまう時に、保険証もみつけた。

「あ、看護師さん。」

「はい?」

「保険証もありました。」

「助かります。」

これがないと、全額負担になってしまうので、彼女も大変だろう。彼女にとって、オレは渡りに船だ。この際だから、ちゃんと荷物の管理をしてやろうと思った。


 オレは、看護師さんに彼女の病室へ案内された。なにやら、点滴されている。この病院からテクテク帰ってたら、2、3時間はかかるかな。それなら、ここでご飯食べちゃおう。オレはコンビニ弁当を開けて食べた。オレの腹の虫もおさまったし、彼女を見ると、割ときれいな顔をしている。さっき見た青い顔じゃなく、血色のいい顔になっていた。もう大丈夫だよな、きっと。オレは帰ることにした。明日も、仕事だもんな。この病院知ってるけど、やっぱ、遠いな。歩くと、3時間もかかった。もう、真夜中だ。


 翌日、いつも通り、仕事に出掛け、ピッキング作業をしていると、呼び出しがかかった。なんだろうと思って、行ってみると、昨日の女性だ。

「昨日は、ありがとうございました。」

「よかったですね、元気になられて。」

「あとから、看護師さんに言われたんですけど、危なかったみたいです。」

「飲みすぎに注意ですね。」

「はい、で、お礼がしたいんですが、今度の日曜、空いてますか?」

「そんな、いいですよ、気にしないで下さい。」

「私の気持ちです。お願いします。」


 オレは、その彼女の誘いを断りきれなかったんで、今度の日曜に食事にいくことになった。でも、オレ、臭くないかな?ことあるたびに、臭いと言われることを思い出した。自分で匂いをかぐと、そんな臭い匂いはしない。自分は慣れているだけなんだろうな。オレの持っている服のなかで、唯一、ほころびのない、修繕していない服を着ていくことにした。




(つづく)



posted by たけし at 12:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | 一仁の場合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月18日

短編小説 「一仁の場合」 第3話

 約束の場所に着くと、彼女は来ていた。

「私もちょうど今、来たところです。」

「今日は本当にすみません。」

「いえいえ、私の命の恩人ですから。」

そりゃ、大袈裟だろ。だけど、彼女の服装はオレと大違いだ。どんな高級な料理店でも、入っていけそうだ。それに引き換え、オレの服装は、大衆食堂向きだ。


「じゃあ、お店は私に任せてもらっていいですよね?」

「あ、はい。」

さてさて、どんなところに連れていかれるんだろう?と、思ったら、行先はファミレスだった。まあ、それが妥当だろうな。


「ここでいいでしょ?」

「はい、ありがとうございます。」

「お好きなもの、選んでね。」

とは言うものの、あまりに彼女と違ったものを選んだら、問題だろうな。彼女はスパゲッティと1品ものを2つ、注文した。オレも、同じようにピザと2品注文した。


「ところで、めずらしいお名前ですね。」

「ああ、いつもそう言われます。」

「いちって書いて、にのまえって読むなんて、いったい誰が思い付いたんでしょう?」

「私も知りません。」

「で、お名前は人に二で、ジンさんでいいんですか?」

「それも、実は違うんです。でも、友人にはジンって、言われます。本当はまことっていうんです。」

「じゃあ、きちんと読めた人、いないんじゃないですか?」

「はい、未だにいません。」

「こんなに簡単な漢字なのにね。」

「はい、その通りなんです。」


「話は変わりますけど、ひとつお聞きしたいんです。あの日、私はどうしてたんですか?」

「覚えてないんですか?」

「はい、結構飲み過ぎたのは、覚えているんですが、その後どうしたんだか、覚えてないんです。」

「道端に座り込んじゃってました。顔が真っ青になっていたんで、ただごとじゃないと思ったんです。」

「で、救急車を呼ぼうとしたら、いいです、大丈夫ですって言うんですが、全然大丈夫ちゃうやんって思いました。」

「ホントにご迷惑お掛けして,ごめんなさいね。」

「いえいえ、元気になられてよかったですよ。」

「ありがとうございます。」


「で、にのまえさんはおいくつなんですか?」

「私は20歳です。」

「若いんですね。」

「高村さんだって、25、26ってところでしょ?」

「えっ?そんなに若く見えますか?」

「違うんですか?」

「うれしいなぁ。」

なんか、メチャ喜んでる。どうみても、25、26歳ってところだろ。


「本当はおいくつなんですか?」

「まあ、25、26ってことにしておいて下さい。」

そうなると、とても気になるもんだ。いくつなんだろう?でも、まあ、いいか。

「わかりました、いずれにしても、私より年上ってことですもんね。」

「ところで、にのまえくん・・・、ジンくんでいい?」

「あ、いいですよ。本当はまことですけど。」

「ジンくんっていうのは、あだ名でしょ?」

「そうですね。」

「じゃあ、そう呼ばせて下さいね。」

「はい。」


「ジンくんは彼女、いるんですか?」

「いませんよ。」

「そっか。じゃ、私、立候補しちゃおうかな?」

「飲んでます?」

「シラフですよ。」

「マジで言ってます?」

「はい、マジですよ。」


 そういう顔は笑っている。絶対、遊んでる。でも、素敵な笑顔だ。オレは冗談だと思った。

「今まで、誰一人寄ってこなかったのに、高村さん、オレをいじって楽しんでるでしょ?」

「だから、本気だってば。」

「だって、高村さんほど素敵な人に,彼氏がいないなんて思えないでしょ。」

「あらあら、うれしいこと言ってくれるのね。ますます、立候補しちゃうわ。」

オレ、絶対、遊ばれてる。




(つづく)


posted by たけし at 12:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | 一仁の場合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月19日

短編小説 「一仁の場合」 第4話

 食事はお互いのを小皿で取り分け、交換した。こんな食べ方は、オレにとっても初めてだった。お昼だったけど、ワインを追加して、飲んだ。アルコールなんて、初めて飲んだ。オレはすぐに顔にでた。

「あらら、ジンくんは弱いのね。」

「そうですよ、ワインは初めてなんで。」

「えっ、ほんと?」

「ほんとですよ。今までアルコールなんて、飲んだことないですよ。」

「おもしろ~い。」

彼女はとても楽しそうだった。オレは、ワインってこんなものと、初めて知ったのだ。でも、他愛のない話で、2時間以上もファミレスにいた。


「今日はありがとうございました。」

「ちゃんと、帰れる?」

「はい、大丈夫です。」

「ごめんねさいね、ワインなんて飲ませて。」

「いえ、これも大人のたしなみですから。」

「ジンくんって、おもしろ~い。」

「ははは。」

「また、会ってくれるわよね。」

「はい、喜んで。」

「うれしいなあ。こんなに楽しいの、久しぶり。」

「よかったです。オレも初体験させてもらいましたし。」

「初体験?あ、ワインね。」

「はい。」

「じゃ、次は夜、いきましょうね。」

「了解です。」


 明るいうちから、オレは、ちょっと千鳥足気味で自宅に帰った。お酒って、こんな感じなんだ。なんかしらんけど、結構、話が盛り上がったみたいだな。でも、高村さんって、いったいいくつなんだろう。25、26歳じゃないってことはわかったけど、それでうれしいっていっていたということは、多分、30歳くらいなんだろうか?ってことは、オレより10歳も年上じゃん。そんな人が、オレの彼女に立候補だなんて、やっぱり、遊んでるんだろうな。オレ、絶対、遊ばれてるんだな、知らんけど。


 オレはいつの間にか、寝てしまった。目が覚めたのは、それから3時間後のことだった。変な時間に寝てしまったんで、あまりお腹が減ってないけど、晩御飯を買いにいくとするか。その前に喉が渇いたな。オレは水道水をコップ一杯、飲んだ。


 晩の買い出しは、いつものスーパーで安売りを買ってくる。それを食べて、今日の晩はおしまい。オレはなんか知らんけど、高村さんのことが気になって仕方がなかった。だいたい、オレを臭いなんてことは一度も言わなかったし、オレの服装についても、一言も言及しなかった。そんな女子は初めてた。まあ、でも、学歴とか仕事とか、給料の話をしたら、去っていくんだろうな。まあ、オレ、中卒だし、月の給料も10万円ないし、デートいくお金もないんだから、絶対、引かれるだろうな。オレはまた会える楽しみと、自分のことを聞かれたら、終わってしまうだろう淋しさでやりきれなくなった。


 翌日、オレはもう、考えないようにした。今までの生活に戻るんだ。大丈夫、オレにはできる。オレはそう思うようにした。これで、高村さんにどんなこと言われて、去っていかれても、そのシミュレーションができているので、大丈夫。


 約束の日、オレはいつも通りの服装だ。彼女もラフな格好で来た。

「今日は、居酒屋に行きましょう。」

「はい。」

「とりあえず、生中2つ。」

「1杯なら大丈夫よね。」

「たぶん、大丈夫かな・・・。」

「そうだよね、飲んだことないもんね。」

「初体験です。」

「まあ、大丈夫、今度は私が介抱してあげるから。」

「いえ、大丈夫です・・・多分。」

「はい、生中です。」

早い、もう持ってきた。

「じゃあ、まず、一口だけ飲んでみて。」

「はい。」

オレは、一口飲んだ。炭酸のシュワシュワと、苦みが喉をカッと熱くさせた。

「どう?」

「いい感じです。」

「よかった。ゆっくりでいいからね、先に食べましょう。」


 彼女はいろいろ注文してくれた。結構、いろんなものを知ってるみたいだ。オレに、あれは食べれるかとか、これは食べれるかとか、聞いて、注文してくれるから、優しい人なんだなって思った。だが、ついに彼女はオレのことを聞いてきた。

「ジンくんは、20歳って言ったよね。大学行ってないんだ。」

「ですね。」

「専門卒?高卒?」

「いえ、中卒です。」

「めずらしいわよね。なんで?」

「オレが高校の時に、両親が他界したんで、オレは生活のために、高校やめて働きだしたんです。」

「そうだったんだ。ごめんね、嫌なこと聞いちゃったね。」

「いや、かまいませんよ、本当のことだから。」

「で、今、ひとり暮らしなん?兄弟とかは?」

「いませんね。親戚も知らないし、今のところ、身寄りはいませんよ。」

「えっ、そうなの?なんかすっごくドラマチックなんだけど。」

「笑いたければ、笑っていいですよ。」

「ごめん、そんな意味で言ったんじゃないの。」

「まだ、20歳だというのに、激動の人生だったのね。それに、すっごく頑張ってるのね。」

そんなこと、言われたの、初めてだ。なんか、オレ、泣きそう。




(つづく)



posted by たけし at 12:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | 一仁の場合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月20日

短編小説 「一仁の場合」 第5話

「仕事は?」

「ピッキング作業のアルバイトを週4日してます。」

「暮らしていけるの?」

「なんとか。」

「ねえ、提案なんだけど、ジンくんさえ、よければ、私んちに来ない?」

「遊びに?」

「違うわよ、一緒に住まないかって言ってるの。」

「今の部屋、家賃6千円で、なんとかなるから、大丈夫ですよ。」

「6千円??そんな賃貸あんの?」

「ええ、でも4畳半ですよ。」

「ほんと、がんばってるんだ。私、面倒見てあげるから、私んちに来なさいよ。」

この人、何言ってるんだろう。


「ごめんなさい、何、言ってるのかわからないです。」

「言葉の通りよ。私んちで一緒に住もうって言ってるの。そうすれば、今の家賃はダタになるでしょ。」

確かに。あ、水道光熱費は?

「でも、水道光熱費とかは?」

「それも、タダでいいわよ。」

「ほんとうに?」

「ほんとうよ。」

「いいんですか?」

「だから、いいって言ってるでしょ。」

オレは自然と涙が出た。今まで、こんな優しくされたことはない。

「あれ?泣いてるの?」

「今まで、これほど優しくされたことがないものですから。」

「うそじゃないからね。ちゃんと、私が面倒みてあげるから。」

オレが人助けをしたら、こんな感動が待っていたなんて、もう、言葉がない。

「ありがとう・・・・」

涙が止まらない。

「私だって、ジンくんに助けてもらったじゃない。」

「それは普通なことで・・・」

「普通じゃないわ、誰も私なんか見向きもしなかったはずよ、それをジンくんが助けてくれたの。」

そういえば、誰も知らん顔してたっけ。

「本当にありがとうございます。」

「いいの、いいの。私も一人で淋しかったから、ジンくんと一緒にいれると思うと、うれしいの。」

ホント、言葉がない。オレは胸がいっぱいであまり食べれなかった。でも、結構遅くまでいたんで、みんな平らげた。


「さあ、じゃ、今から一緒に帰るからね。」

「えっ、今から?」

「当り前よ。明日も休みでしょ?」

「はい。」

「じゃ、いいじゃない?」


 こんな綺麗な女性が、オレなんかと一緒に住んでくれるのか?信じられない気持ちでいっぱいだった。高村さんは、オレと一緒にタクシーに乗った。どのくらいだろう、15分くらいで着いたと思う。そこはすっごく立派なマンションだった。オレのボロアパートとは大違いだ。マンションの玄関で、何やら、番号を押すと、ドアが開いた。そこからエレベーターに乗って、何階だったか忘れたが、長く乗っていた気がした。エレベーターを降りて、また、番号を押して、ドアを開けた。すごくセキュリティがしっかりしてるんだろうな。


「さあ、どうぞ。」

「お邪魔します。」

「もう、ここがあなたの家なんだから、自由にしてね。」

そういわれても、どこでどのように自由にしていいのやら、分からない。

「そうそう、お風呂沸かすから、先に入ってね。」

えっ、お風呂?もう、何年も入ったことがない。どうやって入るんだろう?

「あの・・・」

「なあに?」

「お風呂って、どうやって入るんですか?」

「えっ、知らないの?って、入ったことないの?いつも、どうしてたの?」

「いつもは濡れたタオルで、からだを拭いてただけなんで。」

「髪は?」

「流しで・・・」

「わかった。一緒に入ったげる。」

えっ、それはそれで、どうしていいのやら、困惑してしまう。

「いえ、恥ずかしいので・・・」

「最初だけよ、ちゃんと覚えてね。」

と、言われても、・・・困った。





(つづく)


posted by たけし at 12:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | 一仁の場合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする