2021年12月01日

短編小説 「トラブル・アトラクター」 第1話

 オレは普通の人にできないことができる。なんて、その能力は滅多に使わない。その能力を使うときは、オレ自身の身に危険が迫ったときだし、普通は使わないのだ。オレは小林渉(こばやしわたる)、31歳だ。未だ、独身、特に彼女はいない。なんでかわからないけど、オレはトラブルを引き寄せるみたいで、しょっちゅうイザコザに巻き込まれる。そんな時に、やりたくはないのだが、オレの能力を使ってしまうのだ。


 オレの能力は爆弾だ。骨を爆弾に変えて爆発させることができる。場合によっては、相手が死んでしまうこともある。オレに危害を加えなければ、そんなことはしない。オレは特にやばい組織に属しているわけではない。いつだって、一匹狼だ。


 オレの日常は、個人事業主のプログラマーだ。ネットで注文を受けて、ユーザーの要求にあったプログラムを作成し、納期通りに納品する。まあ、そんな感じだ。なんとか、月に30万円程の収入があるんで、やっていける。だから、たいがい、自分の部屋での作業が多い。でも、たまには環境を変えて、作業したくなるんで、喫茶店へ行ってみたり、ハンバーガー屋さんだったり、図書館だったり、天気がいいときは、公園でも作業することがある。


 今やっている仕事の納期はまあ長いので、のんびりやっている。今日はファミレスで昼食をとり、コーヒーを飲みながら、パソコンを叩いている。システムの設計は頭の中に入っているから、調子がいいと、どんどん手だけが動いてくれる。


 3時頃になると、主婦の連中が多くなってくる。つまり、小さな子供たちも多いってことだ。それに、まだ早いとは思うけど、高校生たちも増えてくる。そろそろ、場所を変えてやらないと落ち着かなくなってきた。


 突然、子供のけたたましい鳴き声がした。見ると、地面に伏せて泣いている。頭を抑えているところを見ると、机の角にでもぶつけたんだろう。その子のお母さんが飛んできた。なんだ?!あんなに遠くに座っていたのか。ちゅうことは、全然、子供を見てなかったんだろうな。その子の傍には、男子高校生の連中が座っていた。


「あんたたち、うちの子に何をしたの?」

「はぁ?」

「警察に突き出してやる。」

「オレら、何もしてないですよ。」

「うそおっしゃい、いい加減なこと言わないで。」

最近の親は井戸端会議に夢中になって、子供をほったらかしにして、子供が泣くと、人のせいにするんだよな。困ったもんだ。

「だから、オレたち何もしてないって。」

「うちの子の頭が腫れてるじゃないの。」

「走ってきて机の角にぶつけたんじゃないですか。」

「いい加減なこと言って。」


 まあ、あんまり真面目そうな高校生じゃないけど、それが正論だろうな。でも、母親は自分が悪いとは絶対言わない。激しくヒステリックになって、どんどん声が大きくなってきた。しゃーないな、オレが第三者として、仲裁してやっかな。


「その子、走ってきて、カーブを曲がるときに机の角に頭ぶつけたんですよ。」

「な、なによ、あんた。」

「あなたが、あまりにいい加減なこと言ってるので、事実関係をお話しとこと思いまして。」

「勝手に割り込まないでよ。」

「だいたい、話に夢中になって、子供をほったらかしにしてたのは、どなたでしょうね?」

「か、関係ないじゃない。」

「グダグダ言ってないで、子供の頭に絆創膏でも貼ったらどうですか。」

「ふん。」

母親は子供を連れて、自分の席に戻っていった。


「ありがとうございました。」

「君たちは悪くないのに、勝手に加害者にされちゃあ、困っちゃうよな。」

「はい。」

見た目より素直な高校生でよかった。


 だけど、その矢先だった。オレはパソコンを閉じて、カバンに入れようとした時、その高校生の1人が、いきなり、オレのパソコンを掴んで走って逃げた。

「えっ?」

まさか、この子たちがそんなことをするなんて思いもよらなかったので、オレは呆然とした。その隙に、残りの高校生も走り出した。


 やられた!オレの仕事が満載のパソコンを盗まれた。オレも追いかけたが、奴らの方が圧倒的に早い。だめだ、絶対に追いつかない。仕方がない。オレは一番遅い高校生の足の指を爆破した。こういう言い方をしたら、片足が吹っ飛んだみたいに聞こえるがそうじゃない。指の骨の一部を爆弾化して、破裂させたのだ。といっても、外見からは血もでていないからわからないけど、皮膚は青くなっている。その程度だ。でも、これで、もう走れやしない。


 オレはそいつを捕まえた。

「運が悪かったな。オレのパソコンを返してもらおうか。」

「いて~!」

「そりゃ痛いだろう。当分、まともに歩けないからな。オレのパソコンを持って行ったやつを呼びだせ。」

だけど、その高校生は激痛で、それどころじゃなかったみたいだ。

「早くしろ。」

そう言っているところに、連中が戻ってきた。




(つづく)


posted by たけし at 12:00| 兵庫 ☔| Comment(0) | トラブル・アトラクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月17日

短編小説 「オッド・アイ」 第2話

 でも、おかしい。なんで、仲間がいないんだ?オレと高木さんだけなんておかしい。みんな、どこいったんだろう。

「このドア、つぶれてるね。でも、なんとか出れるかも。」

「なんでみんないないんだろうね?」

「わかんない。」

「どこ探してもいないもんな。」

オレはドアを壊して、その部屋から脱出した。廊下を通って、入り口までなんとか出れた。外は真っ暗だ。まあ、深夜だから当たり前だよな。


 外は・・・何事もなかったかのように、普通に街灯がついていたし、どの建物もなんともなかったように見える。オレたちが出てきたカラオケの建物も。えっ、なんで?オレは今でてきたカラオケの入り口を開けた。

「いらっしゃいませ。」

店員さんがいる。普通に営業してる。なんで?今さっきまで、中はぐちゃぐちゃだったのに?

「どうなってんの?」

さすがに高木さんも何が何だかわからないみたい。オレだって、そうだ。

「さっきの地震は?」

「はぁ?」

店員さんは変な顔をしている。どうみても、店の中は普通だし、さっきのような状況なんか、どこにもない。どの部屋からもカラオケの歌が聞こえてくる。恐らく、なんともないんだろう。オレたちが歌っていた部屋に行って、中を確認したら、誰か知らない人たちが歌っていた。


「ねえ、どうなってるの?」

そんなこと、オレに聞くなよ。

「オレにも分からない。さっきの地震はいったいなんだったんだ?」

「じゃ、大島さんとか、宮下さんに連絡してみる。」

高木さんは、さっきまで一緒にいたはずの子たちに連絡をしようとした。

「え、うそ。ない。」

「どうしたん?」

「大島さんや宮下さんの連絡先がない。」

そんなバカな。オレのスマホは完全につぶれてるから、みんなの連絡先の確認ができない。だけど、木村の番号は覚えてる。

「スマホ、貸して。」

オレは木村に電話してみた。

「お掛けになった電話番号は、現在使われておりません。」

「んな、バカな。」

「どうしたの?」

「木村んとこかけたのに、これ。」

オレはそのスマホを高木さんに渡した。

「どういうこと?番号、間違えてない?」

「それはない。」

「じゃ、なんで?」

「オレにもわからないよ。」

さすがに、何が何だかわからない。


「ここから、一番近いとこ・・・、大石んとこが近いから行ってみよう。」

「わかったわ。」

オレたちは、急ぎ足で行った。すぐに大石のアパートに着いた。でも、大石が住んでいるはずの部屋の表札に、「O(オー)」の字がない。

「ここ、大石んちじゃなくなってる。」

「なんで?」

そんなん、わかるかよ。オレんちは、ここから20分は歩く。

「高木さんとこは?」

「歩くのはちょっと遠いかな。」

「じゃ、オレんちにくる?ちょっと、あるけど。」

「うん。」

オレんちって言っても、そこがオレんちである保障はどこにもない。もし、違っていたら・・・

なんか、めっちゃ、不安なんですけど。オレたちは沈黙のまま、ひたすら歩いた。オレの部屋は・・・大丈夫だった。

「よかった、オレんちは無事だ。」

鍵を差し込むとちゃんと機能している。玄関を開けると、そこから広がる光景はいつものオレの部屋だ。

「あがって。」

「お邪魔します。」


 よく考えれば、こんな状況で女の子をオレの部屋に上げるなんて、どうかしてるぞ、オレ。でも、緊急事態なんだよな。

「ねえ、あの場にいた6人のうち、私たちだけしか、いなくなってしまったのよね。」

「まったく、意味がわかんねえよ。」

「私たちは地震を認識している。なのに、店員さんとか、あのカラオケの建物も、なんともなかった。」

「そうだよな、出てくるまでは悲惨な状況だったのにだ。」

「お店を出て、戻ったら、もうなんともなかった。」

「いったい、どういうことなんだろう?」

しばらく、オレたちは考え込んだ。どう考えても、さっぱり、分からない。

「なんか飲む?」

「ありがとう。」

オレは、冷蔵庫を開けたけど、何にもなかった。お湯を沸かすか。確か、コーヒーはあったはずだ。しばらく、二人して考え込んだが、全然わからない。コーヒーを飲みながら、沈黙が続いたが、結論はでなかった。


「とにかく、一旦、寝るか?」

「ちょっと、何かする気じゃないでしょうね?」

「そんな状況かよ。」

「ほんと?」

「当たり前だろ。」

高木さん、頼むわ。オレがそんなことするわけないやん。

「じゃ、高木さんは、こっちで寝て。オレはあっちいくから。」

「わかった。」

オレの世話になってるんだから、ありがとうだろ?まあ、いいや。

さすがにこんな時間まで起きてたんで、眠気が先に立つ。あっという間に、寝てしまった。


 翌朝、オレが目覚めると、高木さんはいなかった。でも、置手紙があった。

「私も自分の部屋に帰ってみる。今日、授業があるんで、大学に行ってみる。そこで、大島さんや宮下さんを探してみる。」

まあ、したいことはわかったけど、オレへの連絡はどうするつもりなんだ。落ち合う場所も書いてないやんけ。こんな状況になったのは、オレと高木さんだけなんだから、情報は共有してほしいもんだ。仕方がない、文学部の校舎の方に行ってみるか。


 オレも3時限目に授業がある。昼飯を大学で食えるようにいくか。とにかく、シャワーを浴びて、さっぱりしてからでも間に合うんで、準備をしながら、いろいろ考えた。オレの悪友たちはいるんだろうか?大石の部屋は他人の部屋になっていたし、この分だと、大石も木村もいないような気がした。


 大学でとりあえず、文学部の学食へ向かった。高木さんはいったいどこなんだ。そう思いながら、定食を注文した。まわりを見渡しながら、座れる場所を探した。そこに、木村がいるじゃないか。オレは木村のそばに行った。でも、彼はオレを見ても、何の反応もしない。オレを知らないみたいだ。木村の周りには男女数名が楽しそうに話をしている。交友関係が全然変わっている。どうなっているんだ。


 オレは食事をしながら、様子を見続けた。結構、和気あいあい楽しんでやがる。でも、木村以外は見たこともない連中だ。オレは食事が終わり、食器を返しに行った。それから、飲み物をオーダーして、ちょっと、遠くの席から、木村を観察していた。




続きはこちら↓↓↓

(つづく)



posted by たけし at 12:00| 兵庫 ☀| Comment(0) | オッド・アイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月16日

短編小説 「オッド・アイ」 第1話

 この世には、わからないことがある。オレはそんなことにわからないことに巻き込まれることになった。


 オレは上条レイ。

どこの国の人だか知らないが、親の片割れが外国人だそうだ。だから名前もカタカナ名なんだ。普通にハーフに見えるし、純日本人じゃない。目の色が黒色と茶色というのも、かなり周りの人から興味深く見られてしまう。普通の日本人は、みんな両目とも黒か、茶色っぽいのが普通だ。そんな中にいるから、オレはいつだって異端児だ。


 それに、誰からの支援だかわからないけど、オレは大学に通っている。オレの銀行口座にはいつだって、必要な金額が入っている。そのおかげで、何不自由なく暮らせているし、大学で勉強できている。


「なあ、上条、今から飲みにいこうぜ。」

「オーケー。」

友人の木村は、夕方になると必ずこう言う。飲むの好きなヤローだぜ。


 特に、何を勉強したいということもないオレは、経済学部の3年だ。悪友の木村と大石といつもつるんで飲みに行くことが多い。まあだいたい女の話ばかりだ。

「この前さ、外語の食堂で、可愛い子見つけたんだ。」

「お前の趣味はあてにならんからのう。」

「いや、今回はお前らも絶対可愛いと思うはずだ。」

「ほんとか?」

「違ったら、ランチおごりな。」

「おう、かまわないぜ。」

と、まあ、こんな感じだ。オレを含め、3人とも彼女はおらん。3人とも多分美形ではないからだ。少なくともオレはそう思っている。


 飲んだ帰りはたいがい、コンビニ寄って、大石んとこに転がり込む。そこから、一晩ワイワイするのだ。で、翌日はそのまま大学へ行って、授業中はお昼寝タイムだ。なんて、いい加減な生活をしているんだ、オレたちは。そろそろ、就職も考えないといけないんで、こんな生活を改めないととは、頭の片隅にあるんだけどな。なかなか、変わらん。


 男の多い学部だけに、同じ学部の女友達は一人もおらん。だけど、木村の高校時代のクラスメートの女の子が、文学部におるんで、たまに女の子としゃべる機会があるのは、オレたちの楽しみのひとつだ。まったく知らない子らに、しゃべりかけるのは敷居が高い。こればっかりは、木村に感謝だ。


「また、3×3で飲みに行くど~。」

「おお、いいねぇ。」

「じゃ、決まりな。」

ということで、久しぶりに飲みにというか、食事しに行くというか、とりあえず、女の子たちとワイワイできる。今回は彼女たちの好みで、イタリアンでということになったもんで、ビール飲みじゃなく、ワインって感じでおしゃれに食事することになった。


「ごめんね、私たちのリクエスト優先させてもらって。」

「全然、大丈夫だよ。」

「ありがとう。」

まあ、どんな場でも、ワイワイできることに意義があるのだ。


 だが、久しぶりっていうのは、オレたちを大人しくさせてしまう。そんなことは最初だけなんだけどね。少し話出せば、あっという間にワイワイできるのだ。男だけもいいけど、こういう場もいいもんだ。お酒が入ると、彼女たちが色っぽくみえるってえもんだ。今日は結構意気投合したんで、カラオケにもいくことになった。歌い始めると、時間が経つのは早い。あっという間に、真夜中だ。とっくに、電車なんかない。まあ、オレたち男どもはいつものように大石んとこにお泊り決定だし、彼女たちもそういう意味では大丈夫みたいだ。


 オレたちが機嫌よく歌っていると、突然、大音響がした。それとともに、ものすごく部屋が揺れて、電気も消えた。カラオケも止まった。

これっ、地震?

女の子たちは、悲鳴を上げている。オレたちは固まってしまっていた。どうすることもできない。真っ暗な中で、身動きがとれなかった。そんな中で、更に大きく揺れた。頭に何かがぶつかってきた。天井が落ちてきたんだと思った。それとともに、オレは気を失った。



 目を覚ますと、真っ暗の中だった。そうだ、カラオケしてる時に地震が起こったんだ。

「木村、大石。」

呼んでみたが、返事がない。

「大島さん。」

彼女たちの一人を呼んだが、これも返事がない。まさか、死んでしまったのか。


 オレは恐る恐る手を伸ばして、誰かに触れられるかどうか、試した。だが、オレのそばにいたはずの大石や木村に触れることはできなかった。ふと、そんなことより、自分はどこも怪我していないかが気になった。足や手を動かしてみたり、体をひねってみたが、どこも痛くはなかった。多分、怪我はしていないんだと思った。そんなことをしていると、急に光がついた。ん?スマホの光?誰の?

「誰?大丈夫?」

「私。」

その声は、高木さんだった。そういえば、オレの携帯はどこだろう?

「怪我してない?」

「たぶん。でも、動けない。」

「なんで?」

「たぶん、天井が落ちてきて、私の上に乗っかってる。」

「痛くない?」

「うん。なんとか。」

「わかった。ちょっと待って。」

オレはその光のところへいって、大きな板?をなんとか取り除いた。

「ありがとう。」

「怪我、ないか確認してみて。」

「大丈夫、どこも怪我してない。」

「ほかのみんなは?」

「さっきからみんながいた場所を照らしてみてるんだけど、誰もいないの。」

「そんなわけないじゃん。」

「だって、ほんとだもん。」

オレはその明かりを頼りに、自分のスマホを見つけたけど、完全にお釈迦になってる。

「オレのスマホはつぶれてるから、高木さんのだけが頼りだね。」

「わかったわ。」



続きはこちら↓↓↓


(つづく)


posted by たけし at 12:00| 兵庫 ☀| Comment(0) | オッド・アイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする