2021年09月16日

短編小説 「一仁の場合」 第1話

 オレは、いつの間にか、貧乏生活が染みついていた。今更ながら、だいたいこんな安アパートなんかあるんか、というくらいのアパートに住んでいる。いくらかって?4帖半一間で、6千円だ。風呂はない。トイレは共同だ。生活に必要なものは、最小限にとどめでいるから、この広さの部屋でも、十分な広さだ。テレビはない。でも友人から譲ってもらったパッドがある。だけどWIFIはない。当然、回線契約なんかしていないので、接続できないのだが、隣の建物のWIFIがフリーなもんで、使えてしまう。ありがたいが、いつ何時使えなくなる分からない。


 この部屋には、冷蔵庫はない。だから、冷やさないといけないものは、その日のうちに消費する。あと、この部屋には、小さな流しが付いているだけだ。ガスなんか使っていないから、この部屋で料理はできない。ただ、電気は引かれている。オレの前に住んでいた人が、電子レンジを置いて行ってくれたので、それは使える。百均で、1合炊きのポットを買ってきたので、レンジでごはんは炊ける。後は、常温で保存できるものを買ってきて、それを食べる。


 着るものは、流しで手洗いする。からだは、濡れたタオルで拭くし、頭は流しで洗える。お湯はコップに水を入れ、レンジでチンだ。そこにインスタントコーヒーを入れたら、ホットコーヒーも飲める。仕事は出荷作業をしている。伝票に書いてある品物を取りそろえ、箱詰めして、出荷棚へ置く。時給千円で1日7時間、週4日働いているから、1ヵ月で11万2千円。でも、税金やら取られるから、手取りは9万円ほどだ。家賃と電気代、水道代でほぼ1万円。残り8万円で暮らす。食費は5万円以内、日用品は3万円以内が目標だ。余れば、貯金となる。まあ、なんとか暮らしていけるから、オレは不自由はしてない。聞くところによると、生活補助を受けている人は、もっと優雅な生活をしているらしい。そうだとすると、オレの生活はどの程度のレベルのもんなんだろうか。


 言い忘れたけど、オレは一仁、簡単な漢字だけど、読める人はほとんどいない。一仁と書いて、「にのまえ まこと」という。オレは高校中退だ。両親はいっぺんに亡くなってしまったので、どうしようもない。中退してからは、ずっと働いている。高校時代の友人が一人だけ、こんなオレと、たまに会おうと言ってくれる。パッドはそいつからもらったんだ。彼は木村雄太(きむらゆうた)。いいヤツだ。オレは今、20歳。オレと同級生だった連中は、みんな大学へ進学していた。まあ、そんなことはどうでもいい。オレには関係のない話だ。だけど、木村だけはオレとつるみたがる。


「なんで、大学の学食で飯なんて食うんだよ。」

「いいだろ、たまには。今日はオレのおごりだしさ。」

「毎回、そんなわけにいくかよ。」

「まあ、そんなに気にすんなってば。」

「気にするわ。」


 なんで、大学の学生でもないオレが、大学の学食で飯なんか食っているんだ。なんとなく、よそ者っぽくて、他の学生の目が気になるやん。そしたら、案の定だ。

「おう、木村、こいつ誰?」

「オレの古くからの友人だ。」

「なんか、臭わんか?こいつ、臭せえぞ。」

オレ、臭うか?

「オレの友達にそんなこと言うなんて、許さないぞ。」

「そんな乞食みたいなやつ、ほっといて、こっち来いよ。」

「今日はだめだ。」

「木村、行ってきていいぞ。オレ、帰るわ。」

「何言ってるんだ、気にするな。」


 木村は木村なりに、オレに大学の雰囲気を味わってもらおうと思ったらしい。でも、そんなん、オレにはどうでもいい。一人だって、何不自由なく暮らしていけるんだから。まあ、誘ってくれる木村の気持ちは、うれしいけどな。


 木村は、オレが女の子と付き合ったことがないので、2×2の食事会をセッティングしてくれた。だけど、うまくいくはずもなかった。

「木村くん、ひどいんじゃない、この人。」

「オレの大切な友人だぞ。」

「だけど、あの恰好はないわ。」

「変に着飾るよりいいだろ。」

「それになんか臭いし。」

そんなやり取りなんか、みんな聞こえてるし。

「木村、オレ帰るわ。」

「ジン、待てよ。」

「ほっときなさいよ、あんな人。」

「なんてこと言うんだ。」


 まあ、オレには女性なんて、これから先も縁がない。木村には悪いが、無理ってもんだ。

「なあ、木村、もう無理にオレを誘わなくてもいいよ。」

「ジン、ごめんな。いつもうまくいかなくて。」

「お前のその気持ちだけでいいよ。それに、オレ、ジンじゃなくて、まことだけどな。」

「まあ、それは、いいやん。」

木村はいいやつだけど、いつも空回りだ。



(つづく)


posted by たけし at 12:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | 一仁の場合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月22日

短編小説 「聞こえるじゃん!」 第1話

 ボクの周りは、なんか、おかしい気がする。もしかしたら、みんな特殊能力の持ち主なんじゃないかと思うこともある。だって、みんな、「言わなくてもわかる」って言うんだ。

「そんなことは、言わなくてもわかるだろ?」


 ボクは、この言葉をよく言われる。みんな、言わなくてもわかるんだろうか?ボクにはわからない。ちゃんと、言ってもらわないと分かりっこない。どうして、人の考えていることがわかるというのだ。そんなの、特殊能力の持ち主じゃないと、分かりっこない。大人も子供も同じことを言う。ボクと同じように、ちゃんと言われないとわからない人はいるんだろうか。とっても不思議なのだ。


「言われんでも、わかるようになれよ。」

そんなん、無理だ。

「なんで、お前はこんなことできないかな?」

そう思うなら、最初からちゃんと言っておいてくれよ。


 同級生も先生も、自分の親までも、同じことを言う。いい加減、こんな連中と付き合いたくなくなるよ、まったく。会社勤めをするようになってからも、同じだった。

「なんで、こうしないんだ。言われなくても分からんかな?」

分かるわけないやろ。

「このお得意先には、先にこうすべきだろ。なんで、わからんかな?」

そうなら、先に言っておいてくれよ。


 あ、ボクは青木健太郎。ボクは、毎度、この不毛なやり取りにゲンナリしながらも、仕方なしに社会生活を営んでいる。本当に言わないでもできる人っているんだろうか?って、こういうことを言う人は、それができるんだろうか?でも、その人も上司に同じことを言われてたりする。結局、自分もできないじゃん。じゃ、なんで、そんなこと言うんだろう。


 「言われなくてもできる」ということは、言っていないことに気が付くってことか?ボクは言われていないことに耳を澄ました。でも、そんな声なんか聞こえてくるわけなんかない。でも、ボクに、それが聞こえてくることになったのだ。


「おい、この資料、明日の15時までに作っておいてくれ。」

「はい。」

(本当は明日の10時までなんだ。)

えっ、なんで嘘をつく必要があるんだ。これで、ボクが10時の段階でできていなかったら、なんて言われるんだろう。

「明日って言ったら、午前中、それも10時くらいまでに終わらせておくべきだろう。なんで、分からんかな?」

それじゃ、単なるいじめじゃないか。ボクは今日中にその資料の作成を終わらせた。明日、なんて言われるんだろう?


「おい、資料できてるか?」

「はい、これです。どうぞ。」

「おっ?そうか。ありがとう。」

(なんでやってあるんだ?いびれないじゃんか。)

いびる??てめ~、そういうことか。

「じゃ、明日、訪問する〇〇商事の資料も作っておいてくれ。」

(本当は××商事だけどな。)

「はい、わかりました。」

今度はわざと言い間違えて、ボクに責任を押し付けようとしている。でも、まる聞こえだから、ちゃんと、××商事の資料を作っておこうっと。


 翌日、やっぱり、ボクを陥れようとして、こう言ったのだ。

「ちゃんと、××商事の資料できてるか?」

「はい、どうぞ。」

「えっ、なんで・・・」

なんでもくそもないよ。おまえの嘘には、もうだまされないぞ。


 なんで、わかんないかな?っていうことは、ボクのような存在を陥れて、いたぶる言葉だったのだ。でも、なんで心の声が聞こえるようになったんだろう?そんなことはどうでもいいや。とにかく、今までのボクへのいじめは、これですべてなくなるのだ。


「おい、青木。今週の金曜、うちの部門の懇親会あるから、空けとけよ。時間と場所はあとで、連絡すっからな。」

(こいつには、違う場所を伝えておこうっと。)

またかよ。よっぽど、ボクに恨みでもあるのか?それもと、単にいじめたい対象だと思っているんだろうか。でも、正しい場所はすぐにわかったから別にいいけどね。




続きはこちらから↓↓↓


つづく



posted by たけし at 12:00| 兵庫 ☔| Comment(0) | 聞こえるじゃん! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月31日

短編小説 「AIみちこさん」 第3話

 やがて、時間は過ぎ、ボクはというか、オレは大学3年になっていた。特に何をしたいこともなかったオレは、経済学部で勉強している。幼馴染の涼子はというと、何を考えたんだか、オレと同じ大学に入った。涼子は文学部。特に本が好きというわけではないはずだったのだが、よくわからんが文学部にいる。オレも涼子もこの大学へは通学できないから、下宿生活をしている。仲が良かった小林はというと、親の仕事の手伝いをするって言って、高校卒業後、父親の会社に就職した。まあ、自営業の鉄工工場だ。


 大学はマンモス大学なんで、1万人以上の学生がいるのに、なんでかわからんけど、涼子はよくオレを見つけてくる。

「あ、リョウくん。」

「またかよ、よくオレがわかるな。」

「だって、目立つんだもん。」

「そうかな。」

「今日、お昼一緒に食べようよ。」

「なんや、またひとりなんか?」

「友達はいるけど、まあいいやん。」

「しゃ~ないな、じゃ、第3食堂の入り口に12時10分くらいな。」

「わかった、じゃ、またね。」

とは言ったものの、オレもどこでどうなるかわからない。突然の誘いがあるやもしれんしな。


 2時限目の授業が終わって、食堂へ向かっていると、大学の悪友どもから声を掛けられた。

「よう、飯、いこうや。」

「ワリ~、先約がある。」

「なんや冷たいな。」

「すまん。また、今度な。」

仕方がない、今日は涼子と約束しとるしな。


 食堂の入り口についたが、まだ涼子はいない。時間は10分ちょうどだ。アイツ遅刻か、自分で誘っておいて、いい加減にしろよな。結局、それから10分待たされて、ようやく、涼子が登場。

「ごめん、待った?」

待ったに決まってるやろ。

「まあいいよ、腹減ってるけど・・・」

「ごめんね。じゃ、お昼はおごっちゃう。」

「お、言ったね。ラッキー。」

とはいうものの、いつもの格安定食なのだ。


「やっぱ、リョウくんといる方が、気が楽でいいわ。」

「なんじゃ、それ。」

「だって、女同士だとうざくって、しんどいんだもん。」

「おまえ、おとこ女だからな。」

「おとこの方がいいよ。」

コイツ、全然変わっとらんわ。大学生になれば、ちょっとは女らしくなるんかと思ったら、子供の時のまま、でかくなっただけやん。


「今日さ、リョウくんち、行っていい?」

「また、飯、たかる気だろ?」

「エヘ、わかった?」

エヘじゃねえよ、まったく。そうなんだ、涼子はちょくちょく、オレんちにきては、晩飯をたかっていく。自分で作ってくれるんかと思いきや、そんなことは全然しない。すべて、オレにさせる気、満々なのだ。


「しゃ~ないな、今日、何か食べたいものあるん?」

「おまかせで。」

オレはシェフか。そんなわけで、夕方、涼子が来ることになった。もしかしたら、ずっと、涼子に付きまとわれれるのかもな。


 3時限目の授業中、突然、声が聞こえた。

(お久しぶりです、リョウさま。)

えっ、誰?オレは周囲を見回した。でも、そんな声の主は、見当たらない。だいたい、経済学部は女が少ない。今、受けている科目なんか、女はいない。じゃ、どこにいるんだ?

(心の中でお話できます。)

どこかで聞いたことがあるような声だった。どこで聞いたんだろうか。



(つづく)

posted by たけし at 12:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | AIみちこさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする